ホーム > アルバム > 8.559703 ハンソン:交響曲全集 4 - 交響曲第4番, 第5番/悲歌/ディエス・ナタリス I (シアトル響シュワルツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559703
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ハワード・ハンソン Howard Hanson
アーティスト
シアトル交響楽団 Seattle Symphony Orchestra , ジェラード・シュワルツ Gerard Schwarz

ハンソン:交響曲全集 4 - 交響曲第4番, 第5番/悲歌/ディエス・ナタリス I (シアトル響シュワルツ)

HANSON, H.: Symphonies (Complete), Vol. 4 - Symphonies Nos. 4 and 5 / Elegy / Dies natalis I (Seattle Symphony, Schwarz)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.559703

全トラック選択/解除

ハワード・ハンソン - Howard Hanson (1896-1981)

**:**
交響曲第4番 「レクイエム」 Op. 34

Symphony No. 4, Op. 34, "The Requiem"

録音: 16, 18 February 1990, Seattle Opera House, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/783940
**:**
»  I. Kyrie: Andante inquieto
1.

-

**:**
»  II. Requiescat: Largo
2.

-

**:**
»  III. Dies irae: Presto
3.

-

**:**
»  IV. Lux aeterna: Largo pastorale
4.

-

 
**:**
交響曲第5番 「サクラ・シンフォニア」 Op. 43
5.

Symphony No. 5, Op. 43, "Sinfonia sacra"

録音: 18-19 May 1992, Seattle Opera House, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1225986
 
**:**
セルゲイ・クーセヴィツキーの思い出によるエレジー
6.

Elegy in Memory of Serge Koussevitsky

録音: 5 January 1988, Seattle Opera House, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1225987
 
**:**
ディエス・ナタリス I

Dies natalis I

録音: 6-7 June 1994, Seattle Opera House, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1225988
**:**
»  Introduction and Chorale: Maestoso
7.

-

**:**
»  Variation 1: Poco più mosso
8.

-

**:**
»  Variation 2: Allegro
9.

-

**:**
»  Variation 3: Pesante
10.

-

**:**
»  Variation 4: Andante calmo, nel modo Gregoriano
11.

-

**:**
»  Variation 5: Allegro feroce
12.

-

**:**
»  Variation 6: Larghetto semplice
13.

-

**:**
»  Variation 7: Allegro tempestuoso
14.

-

**:**
»  Finale: Poco a poco ritardando al tempo giusto
15.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/01/01
アメリカ音楽界に確固たる地位を築き、作品も評価され、順風満帆の人生を歩んでいたハンソンですが、1943年の父の死にはかなりのショックを受けたようです。その苦悩を乗り越えて書き上げられたのが、この交響曲第4番「レクイエム」。もともと抒情的な彼の作風ですが、ここでは一層ロマン主義に回帰し、深い精神性に満ちた曲を描きだしました。第2楽章以外はレクイエムの典礼文を用いた感動的なもので、交響曲というよりもカンタータとしての色合いが強くなっています。彼はこの作品でピューリッツァー賞も獲得しています。第5番は単一楽章の交響曲で、タイトル通り神聖な雰囲気を醸し出しています。彼が世に出るきっかけとなったクーセヴィツキーのために書かれたエレジーも、深い悲しみを湛えた一遍の叙事詩です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。