ホーム > アルバム > 8.559705 ガーシュウィン:ピアノ協奏曲/セカンド・ラプソディ/アイ・ガット・リズム変奏曲(ワイス/バッファロー・フィル/ファレッタ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559705
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ジョージ・ガーシュウィン George Gershwin
アーティスト
バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団 Buffalo Philharmonic Orchestra , ジョアン・ファレッタ JoAnn Falletta , オライオン・ワイス Orion Weiss

ガーシュウィン:ピアノ協奏曲/セカンド・ラプソディ/アイ・ガット・リズム変奏曲(ワイス/バッファロー・フィル/ファレッタ)

GERSHWIN, G.: Piano Concerto / Second Rhapsody / I Got Rhythm Variations (Weiss, Buffalo Philharmonic, Falletta)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.559705

全トラック選択/解除

ジョージ・ガーシュウィン - George Gershwin (1898-1937)

**:**
ピアノ協奏曲 ヘ調

Piano Concerto in F Major

録音: 17, 20 November 2010, Kleinhans Concert Hall, Buffalo, New York, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1716269
**:**
»  I. Allegro moderato - Cantabile - Poco meno scherzando
1.

-

**:**
»  II. Andante con moto
2.

-

**:**
»  III. Allegro con brio
3.

-

 
**:**
第2ラプソディ
4.

Second Rhapsody

録音: 17, 20 November 2010, Kleinhans Concert Hall, Buffalo, New York, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1716270
 
**:**
アイ・ガット・リズム変奏曲
5.

I Got Rhythm Variations

録音: 17, 20 November 2010, Kleinhans Concert Hall, Buffalo, New York, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1716271
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/01/01
ガーシュウィンの「もう一つのピアノ協奏曲」である「へ調の協奏曲」です。代表作「ラプソディ・イン・ブルー」に比べると、古典的な形式に近づいているのは、この曲を作るためにガーシュウィンは、わざわざ音楽理論書を購入して、楽典から学びなおしたのだとか。もちろん前作のように、オーケストレーションを他の人の手に委ねることはなく、全て自らの手でスコアを書いたというのだから、その努力の凄まじさには敬服する他ありません。初演はガーシュウィン自身のピアノと、彼にこの作品を委嘱したダムロッシュの指揮、ニューヨーク交響楽団によって行われ、ジャズでもなくクラシックでもない新しい音楽は当時の聴衆を翻弄しました。もともと映画音楽として構想された「ラプソディ第2番」はマンハッタンの街並みを音に移したもの。彼の最後のフルスコアである「アイ・ガット・リズム」変奏曲も泣かせます。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。