ホーム > アルバム > 8.559718 メニン:白鯨(モービー・ディック)/交響曲第3番, 第7番(シアトル響/シュワルツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559718
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ピーター・メニン Peter Mennin
アーティスト
シアトル交響楽団 Seattle Symphony Orchestra , ジェラード・シュワルツ Gerard Schwarz

メニン:白鯨(モービー・ディック)/交響曲第3番, 第7番(シアトル響/シュワルツ)

MENNIN, P.: Moby Dick / Symphonies Nos. 3 and 7 (Seattle Symphony, Schwarz)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.559718

全トラック選択/解除

ピーター・メニン - Peter Mennin (1923-1983)

**:**
コンチェルタート 「白鯨(モービー・ディック)」
1.

Concertato, "Moby Dick"

録音: 21-22 November 1994, 30 January 1995, Seattle Opera House, Seattle, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2035899
 
**:**
交響曲第3番

Symphony No. 3

録音: 21-22 November 1994, 30 January 1995, Seattle Opera House, Seattle, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2035900
**:**
»  I. Allegro robusto
2.

-

**:**
»  II. Andante moderato
3.

-

**:**
»  III. Allegro assai
4.

-

 
**:**
交響曲第7番 「変奏交響曲」
5.

Symphony No. 7, "Variation-Symphony"

録音: 21-22 November 1994, 30 January 1995, Seattle Opera House, Seattle, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2035901
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/06/01
イタリア移民の家庭に生まれ、W.シューマンやD.ダイアモンドらと、アメリカ近代音楽の基礎を作ったピーター・メニン(1923-1983)の作品集です。先進的な作風が特徴的で、半音階手法を駆使したダイナミックな音楽は、当時の聴衆にはうけが悪かったようですが、今になって改めて聞いてみると、逆に伝統に則った素晴らしい音楽として耳に残るものです。彼の作品のほとんどは、純粋音楽であり、具体的な内容を持つものではありませんが、唯一の例外が、ハーマン・メルヴィルの「白鯨」によるコンチェルタート「モビー・ディック」です。最初はオペラとして着想されたのですが、結局、彼は一つの音楽物語としてこの作品を書きあげました。途方もないエネルギーを秘めた熱い曲には驚きを禁じ得ません。伝統的な3楽章形式で書かれた「第3番」、瞑想的な雰囲気で始まり、大きな起伏が素晴らしい「第7番」の交響曲も見事です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。