ホーム > アルバム > 8.559722 ヘイルストーク:交響曲第1番/3つの黒人霊歌/アン・アメリカン・ポート・オブ・コール/ホイットマンの旅(ヴァージニア響/ファレッタ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559722
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
アドルファス・ヘイルストーク Adolphus Hailstork
作詞家
ウォルト・ホイットマン Walt Whitman
アーティスト
ヴァージニア交響楽団 Virginia Symphony Orchestra , ヴァージニア交響合唱団 Virginia Symphony Chorus , ケヴィン・ディーズ Kevin Deas , ジョアン・ファレッタ JoAnn Falletta

ヘイルストーク:交響曲第1番/3つの黒人霊歌/アン・アメリカン・ポート・オブ・コール/ホイットマンの旅(ヴァージニア響/ファレッタ)

HAILSTORK, A.: American Port of Call (An) / Symphony No. 1 / 3 Spirituals (Virginia Symphony, Falletta)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.559722

全トラック選択/解除

アドルファス・ヘイルストーク - Adolphus Hailstork (1941-)

**:**
交響曲第1番

Symphony No. 1

録音: 18 May 2011, Wilder Centre Norfolk State University, Virginia, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2123491
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio: Lento ma non troppo
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegretto
3.

-

**:**
»  IV. Rondo: Vivace
4.

-

 
**:**
3つの黒人霊歌

3 Spirituals for Orchestra

録音: 18 May 2011, Wilder Centre Norfolk State University, Virginia, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2185248
**:**
»  No. 1. Everytime I feel the Spirit
5.

-

**:**
»  No. 2. Kum Bab Yah
6.

-

**:**
»  No. 3. Oh Freedom
7.

-

 
**:**
アン・アメリカン・ポート・オブ・コール
8.

An American Port of Call

録音: 18 May 2011, Wilder Centre Norfolk State University, Virginia, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2185249
 
**:**
アメイジング・グレイスによるファンファーレ
9.

Fanfare on Amazing Grace

録音: 18 May 2011, Wilder Centre Norfolk State University, Virginia, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2185250
 
**:**
ホイットマンの旅 - 無限の海に出航
10.

Whitman's Journey: I. Launch out on endless seas

録音: 18 May 2011, Wilder Centre Norfolk State University, Virginia, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2185251
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/05/01
ニューヨーク生まれの作曲家、大学教授ヘイルストークの作品集です。今回は彼の3曲ある交響曲から第1番(既発売、第2&3番…8.559295),と、その他の特色ある作品を収録することで、彼の描き出す色彩感豊かで郷愁誘う世界を味わっていただけます。交響曲第1番は1987年にニュージャージー州の夏の音楽祭から委嘱されたもので、20分程度のコンパクトで古典的な趣きを持っています。雄大な第1楽章を経て、第2楽章のアダージョはまるでドヴォルザークの作品のような懐かしさに溢れています。騒がしいスケルツォ、全てを総括する終楽章と、聴きやすさも満点です。「3つのスピリチュアルズ」はオルガンのために書かれた作品の管弦楽編曲でありアメリカ民謡が至るところに使われています。ちなみに弟2曲の「クン・バ・ヤ」とは1930年代から変わらず愛されている黒人霊歌で「Come By Here」を省略した言葉とも言われています。高らかに奏される「アメイジング・グレイスによるファンファーレ」も心が高揚します。NAXOSイチオシの女性指揮者ファレッタのしなやかな指揮でお楽しみください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。