ホーム > アルバム > 8.559753 フックス:フォーリング・マン/ムービーー・ハウス/無垢と経験の歌(R. ウィリアムズ/ロンドン響/ファレッタ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559753
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
ケネス・フックス Kenneth Fuchs
作詞家
ジョン・アップダイク John Updike , ドン・デリーロ Don DeLillo , ウィリアム・ブレイク William Blake , J・D・マクラッチー J.D. McClatchy
アーティスト
ロードリック・ウィリアムズ Roderick Williams , ジョアン・ファレッタ JoAnn Falletta , ロンドン交響楽団 London Symphony Orchestra

フックス:フォーリング・マン/ムービーー・ハウス/無垢と経験の歌(R. ウィリアムズ/ロンドン響/ファレッタ)

FUCHS, K.: Falling Man / Movie House / Songs of Innocence and Experience (R. Williams, London Symphony, Falletta)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.559753

全トラック選択/解除

ケネス・フックス - Kenneth Fuchs (1956-)

**:**
フォーリング・マン

Falling Man

録音: 30 August 2013, Abbey Road Studio 1, London, England
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3640552
**:**
»  Introduction -
1.

-

**:**
»  Aria No. 1 -
2.

-

**:**
»  Interlude No. 1 -
3.

-

**:**
»  Aria No. 2 -
4.

-

**:**
»  Interlude No. 2 -
5.

-

**:**
»  Aria No. 3 -
6.

-

**:**
»  Interlude No. 3 -
7.

-

**:**
»  Aria No. 4 -
8.

-

**:**
»  Coda: Aria No. 5
9.

-

 
**:**
ムービーー・ハウス

Movie House

録音: 31 August 2013, Abbey Road Studio 2, London, England
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3640553
**:**
»  I. Telephone Poles
10.

-

**:**
»  II. Maples in a Spruce Forest
11.

-

**:**
»  III. Seagulls
12.

-

**:**
»  IV. The Short Days
13.

-

**:**
»  V. Movie House -
14.

-

**:**
»  VI. Modigliani's Death Mask
15.

-

**:**
»  VII. Summer: West Side
16.

-

 
**:**
無垢と経験の歌

Songs of Innocence and Experience

録音: 1 September 2013, Abbey Road Studio 2, London, England
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3640554
**:**
»  I. The Lamb
17.

-

**:**
»  II. Holy Thursday
18.

-

**:**
»  III. Spring
19.

-

**:**
»  IV. The Tyger
20.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/07/01
ここに収録された「落ち行く男」は、フックス(1956-)における重要なテーマであり、以前リリースしたピアノ曲「落ち行くカノン」や「落ち行く三重奏曲」(8.559733に収録)と密接な関連があります。これらのテーマ、もともとは2007年に発表されたドン・デリーロの小説「Falling Man」であり、9/11の事件の際、破壊されたワールド・トレード・センターの瓦礫に躓き、恐怖と混沌の感情に襲われた男を描いたものですが、この作品に強い感銘を受けたフックスが、この物語からこの歌を創り上げ、それを様々な作品に転用。そのどれもが衝撃的な風景を思い思いに映し出すのです。この悲しみは永遠に消えることはないでしょう。「ムーヴィー・ハウス」はジョン・アップダイクの小説「金持ちになったウサギ」に触発された作品で、アメリカ人の完成と欲求を象徴的に描いたものです。「無垢と経験の歌」はボルコムの作品と同じく、ウィリアム・ブレイクの詩に基づいたもの。人間の存在の厳しさと牧歌的な無邪気さを併せ持つこの詩は、多くの芸術家に刺激を与えましたが、このフックス作品は独特の視点でこの詩を自らのものにしています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。