ホーム > アルバム > 8.559818 ティケリ:クラリネット協奏曲/ワーナール:ホルン協奏曲/ランジバラン:フルート協奏曲(ツィンマーマン/ノートン/グラットン/ゲレーロ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559818
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
フランク・ティケリ Frank Ticheli , ベフザド・ランジバラン Behzad Ranjbaran , ブラッド・ワーナール Brad Warnaar
アーティスト
エリック・グラットン Érik Gratton , ジャンカルロ・ゲレーロ Giancarlo Guerrero , ジェイムズ・ツィンマーマン James Zimmermann , ナッシュヴィル交響楽団 Nashville Symphony Orchestra , レスリー・ノートン Leslie Norton

ティケリ:クラリネット協奏曲/ワーナール:ホルン協奏曲/ランジバラン:フルート協奏曲(ツィンマーマン/ノートン/グラットン/ゲレーロ)

TICHELI, F.: Clarinet Concerto / WARNAAR, B.: Horn Concerto / RANJBARAN, B.: Flute Concerto (J. Zimmermann, L. Norton, É. Gratton, Guerrero)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.559818

全トラック選択/解除

フランク・ティケリ - Frank Ticheli (1958-)

**:**
クラリネット協奏曲

Clarinet Concerto

録音: 7-9 January 2016, Laura Turner Concert Hall, Schermerhorn Symphony Center, Nashville, Tennessee, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6157997
**:**
»  I. Rhapsody for George
1.

-

**:**
»  II. Song for Aaron
2.

-

**:**
»  III. Riffs for Lenny
3.

-

ブラッド・ワーナール - Brad Warnaar (1950-)

**:**
ホルン協奏曲

Horn Concerto

録音: 14-15 April 2017, Laura Turner Concert Hall, Schermerhorn Symphony Center, Nashville, Tennessee, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6157998
**:**
»  I. Tintinnabulations
4.

-

**:**
»  II. Elegies; Lamentations
5.

-

**:**
»  III. Tarantella
6.

-

ベフザド・ランジバラン - Behzad Ranjbaran (1955-)

**:**
フルート協奏曲

Flute Concerto

録音: 14-15 April 2017, Laura Turner Concert Hall, Schermerhorn Symphony Center, Nashville, Tennessee, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6157999
**:**
»  I. Grave lamentoso
7.

-

**:**
»  II. Adagio cantabile
8.

-

**:**
»  III. Presto giocoso
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/12/01
このアルバムに収録された3曲の「管楽器のための協奏曲」は、どれも21世紀になってから作曲されたにもかかわらず、3楽章の伝統的な形式を持っています。また作品自体も過去の作曲家たちの伝統を継承しており、ティケリの「クラリネット協奏曲」はそのままガーシュウィン、コープランド、バーンスタインへのオマージュにもなっている興味深い作品です。主旋律に「ホワイトスケール」と呼ばれるピアノの7つの白鍵のみを用いたワーナールの「ホルン協奏曲」は、黒鍵を一切使用しないという制約から生まれる不思議な緊張感に満たされていながらも、どこかのどかで牧歌的な雰囲気を醸しています。イラン出身のランジバランの「フルート協奏曲」はイランのリズム、メロディ、楽器の要素が取り入れられたエキゾチックな作品。フィラディルフィア管弦楽団の首席奏者ジェフリー・カナーの依頼によって書かれた、息の長い神秘的なフルートの音色が印象的な作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。