ホーム > アルバム > 8.559823 ヒグドン:全ては壮大な/ヴィオラ協奏曲/オーボエ協奏曲(ディアス/バトン/ナッシュヴィル響/ゲレーロ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559823
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ジェニファー・ヒグドン Jennifer Higdon
アーティスト
ジャンカルロ・ゲレーロ Giancarlo Guerrero , ロベルト・ディアス Roberto Díaz , ナッシュヴィル交響楽団 Nashville Symphony Orchestra , ジェイムス・バトン James Button

ヒグドン:全ては壮大な/ヴィオラ協奏曲/オーボエ協奏曲(ディアス/バトン/ナッシュヴィル響/ゲレーロ)

HIGDON, J.: All Things Majestic / Viola Concerto / Oboe Concerto (Díaz, Button, Nashville Symphony, Guerrero)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.559823

全トラック選択/解除

ジェニファー・ヒグドン - Jennifer Higdon (1962-)

**:**
ヴィオラ協奏曲

Viola Concerto

録音: 25-26 March 2016, Laura Turner Concert Hall, Schermerhorn Symphony Center, Nashville, Tennessee, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5347591
**:**
»  I. —
1.

-

**:**
»  II. —
2.

-

**:**
»  III. —
3.

-

 
**:**
オーボエ協奏曲
4.

Oboe Concerto

録音: 7-9 January 2016, Laura Turner Concert Hall, Schermerhorn Symphony Center, Nashville, Tennessee, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5347590
 
**:**
全ては壮大な

All Things Majestic

録音: 25-26 March 2016, Laura Turner Concert Hall, Schermerhorn Symphony Center, Nashville, Tennessee, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5347589
**:**
»  I. Teton Range
5.

-

**:**
»  II. String Lake
6.

-

**:**
»  III. Snake River
7.

-

**:**
»  IV. Cathedrals
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/01/01
現代アメリカにおける最も注目されている作曲家の一人が、このジェニファー・ヒグドンです。彼女の「ヴァイオリン協奏曲」は2010年のピューリッツァー賞を獲得すると共に「パーカッション協奏曲」は同じ年のグラミー賞を受賞。世界中から賞賛が寄せられ、彼女の作品は世界中で演奏され、60枚以上のCDに録音されているということでもその才能は計り知れないものがあります。このアルバムには世界初録音の作品を2曲収録。2014年の「ヴィオラ協奏曲」は長らくの友人であるヴィオラ奏者ディアスのために作曲された作品で、彼女はその時に“ヴィオラの音はとても暗くて重い”ことに改めて気がついたのだそうです。そのため、ヴィオラから華麗な音色を導き出すための工夫をして出来上がったのがこの作品です。2005年のオーボエ協奏曲は20分程度の長さでありながら、オーボエの美しい音色を生かした聴き応えたっぷりの曲。アルバム・タイトルの「All Things Majestic-全ては壮大な」は2011年グランド・ティートン音楽祭からの委嘱作品。彼女の自然に対する愛と賛辞に満ち溢れた描写的な音楽です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。