ホーム > アルバム > 8.559825 ハリソン:ヴァイオリン協奏曲/グラン・デュオ/2つの音楽(フェイン/ボリスキン/ポストクラシカル・アンサンブル/ヒル=オルドニェス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.559825
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, 協奏曲
作曲家
ジョン・ケージ John Cage , ルー・シルバー・ハリソン Lou Harrison
アーティスト
アンヘル・ヒル=オルドニェス Angel Gil-Ordóñez , ティム・フェイン Tim Fain , ポストクラシカル・アンサンブル PostClassical Ensemble , マイケル・ボリスキン Michael Boriskin

ハリソン:ヴァイオリン協奏曲/グラン・デュオ/2つの音楽(フェイン/ボリスキン/ポストクラシカル・アンサンブル/ヒル=オルドニェス)

HARRISON, L.: Violin Concerto / Grand Duo / Double Music (Fain, Boriskin, PostClassical Ensemble, Gil-Ordóñez)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.559825

全トラック選択/解除

ルー・シルバー・ハリソン - Lou Harrison (1917-2003)

**:**
ヴァイオリン協奏曲

Violin Concerto

録音: 13 March 2016, Omega Studios, Rockville, Maryland, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5402476
**:**
»  I. Allegro - Maestoso
1.

-

**:**
»  II. Largo - Cantabile
2.

-

**:**
»  III. Allegro - Vigoroso - Poco presto
3.

-

 
**:**
グラン・デュオ

Grand Duo

録音: 19 April 2016, L. Brown Recording, New York City, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5561131
**:**
»  I. Prelude
4.

-

**:**
»  II. Stampede
5.

-

**:**
»  III. A Round (Annabel and April's)
6.

-

**:**
»  IV. Air
7.

-

**:**
»  V. Polka
8.

-

ジョン・ケージ - John Cage (1912-1992) / ルー・シルバー・ハリソン - Lou Harrison (1917-2003)

**:**
2つの音楽
9.

Double Music

録音: 13 March 2016, Omega Studios, Rockville, Maryland, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5561132
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/02/01
アメリカの現代音楽作曲家ルー・ハリソンは、世界中の民族音楽を収集し、そのエッセンスを自作に反映させるという独自の技法で数多くの作品を書きました。ガムランや世界中の打楽器に魅せられ、その上で西洋音楽における「十二音」とは違う「音律」を普及させるために様々な活動を行ったことで知られます。1940年に着想された「ヴァイオリン協奏曲」は、華やかな独奏ヴァイオリンと、ガムランを含むパーカッション群が競い合う作品。ハリソンが求めた音が余すところなく具現化された、興味深い響きを聴くことができます。ピアノとヴァイオリンのための「グラン・デュオ」にも、ピアノに「ガムランの響き」を思わせる特殊奏法が要求されています。第3楽章の「アナベルとエイプリル」は彼の友人であるデニス・ラッセル・デイヴィスの2人の娘の名前で、もともと第5楽章のポルカが創作の始まりです。「2つの音楽」は、ハリソンとジョン・ケージが共同制作していた頃の作品。最終的には“方向性の違い”で決裂してしまった2人ですが、この作品には確実に友情が存在しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。