ホーム > アルバム > 8.570378 F. ドップラー/K. ドップラー:フルートと管弦楽のための作品集(瀬尾和紀/シンフォニア・フィンランディア/ガロワ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570378
CD発売時期
2007年12月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
カール・ドップラー Karl Doppler , フランツ・ドップラー Franz Doppler
編曲者
ユッカ=ペッカ・レヘト Jukka-Pekka Lehto , Risto Keinanen , Jani Killonen
アーティスト
パトリック・ガロワ Patrick Gallois , シンフォニア・フィンランディア・ユバスキュラ Sinfonia Finlandia Jyväskylä , 瀬尾和紀 Kazunori Seo

F. ドップラー/K. ドップラー:フルートと管弦楽のための作品集(瀬尾和紀/シンフォニア・フィンランディア/ガロワ)

DOPPLER, F. / DOPPLER, K.: Music for Flutes and Orchestra

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.570378

全トラック選択/解除

カール・ドップラー - Karl Doppler (1825-1900) / フランツ・ドップラー - Franz Doppler (1821-1883)

**:**
リゴレット幻想曲 Op. 38
1.

Rigoletto-fantaisie, Op. 38

録音: 25-28 September 2006, Lauka Church, Jyvaskyla, Finland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/186955

フランツ・ドップラー - Franz Doppler (1821-1883)

**:**
ハンガリー田園幻想曲 Op. 26
2.

Fantaisie pastorale hongroise, Op. 26

録音: 25-28 September 2006, Lauka Church, Jyvaskyla, Finland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/169159
 
**:**
アンダンテとロンド Op. 25
3.

Andante and Rondo, Op. 25

録音: 25-28 September 2006, Lauka Church, Jyvaskyla, Finland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/169161
 
**:**
アメリカの主題による二重奏曲 Op. 37
4.

Duettino sur motifs americains, Op. 37

録音: 25-28 September 2006, Lauka Church, Jyvaskyla, Finland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/186898

フランツ・ドップラー - Franz Doppler (1821-1883) / カール・ドップラー - Karl Doppler (1825-1900)

**:**
華麗なるワルツ Op. 33
5.

Valse di bravura, Op. 33

録音: 25-28 September 2006, Lauka Church, Jyvaskyla, Finland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/169163

フランツ・ドップラー - Franz Doppler (1821-1883)

**:**
2つのフルートのための協奏曲 ニ短調

Concerto for 2 flutes in D Minor

録音: 25-28 September 2006, Lauka Church, Jyvaskyla, Finland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/169164
**:**
»  I. Allegro maestoso
6.

-

**:**
»  II. Andante
7.

-

**:**
»  III. Allegro
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
フルートを吹く人なら誰もが憧れる「ハンガリー田園幻想曲」で知られるフランツ・ドップラーは、その弟カールもまたフルートの名手であり、しばしば兄弟で共作をしたりと19世紀のフルート作品の発展に寄与したのです。彼らの作品のほとんどはリサイタルを念頭にし、ピアノの伴奏で書かれていますが、ここでは名手ガロアのたっての希望によりオーケストラ伴奏に編曲されたものを演奏しています。共演は日本期待の若手、瀬尾和紀。輝かしい音色が彩なす音の喜びが横溢しています。
レビュアー: Tossy 投稿日:2012/02/05
このアルバムではガロワと瀬尾和紀さんの師弟コンビがまさに息の合ったフルート二重奏を繰り広げ、聴きどころが満載です。「米国国歌」や「アルプス一万尺」が登場する「アメリカの主題による二重奏曲」が楽しさでは一番かもしれません。しかし、最後のニ短調協奏曲がランパル、アドリアンの同じく師弟コンビによる名演奏と甲乙つけがたい出来栄えで満足度では一番です。なお、2曲目の「ハンガリー田園幻想曲」は日本では有名ですが、海外ではそれほどでもないようで、著名なフルート奏者が日本に来て演奏するために楽譜を探したなんてこともあったようです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。