ホーム > アルバム > 8.570399 ボッテジーニ・コレクション 3 (マーティン/ホールステッド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570399
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 声楽曲, 室内楽, 協奏曲
作曲家
ジョヴァンニ・ボッテジーニ Giovanni Bottesini
アーティスト
ジャクリーン・フゲーレ Jacquelyn Fugelle , アンソニー・ホールステッド Anthony Halstead , トーマス・マーティン Thomas Martin

ボッテジーニ・コレクション 3 (マーティン/ホールステッド)

BOTTESINI COLLECTION (The), Vol. 3

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.570399

全トラック選択/解除

ジョヴァンニ・ボッテジーニ - Giovanni Bottesini (1821-1889)

**:**
「ランメルモールのルチア」による幻想曲
1.

Fantasia on Donizetti's Lucia di Lammermoor

録音: November 1982 - February 1984, CTS Studios Wembley, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/227451
 
**:**
エレジー第2番 ホ短調 「ロマンツァ・ドラマティカ」
2.

Elegy No. 2 in E Minor, "Romanza drammatica"

録音: November 1982 - February 1984, CTS Studios Wembley, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/227452
 
**:**
ボレロ
3.

Bolero

録音: November 1982 - February 1984, CTS Studios Wembley, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/227453
 
**:**
ロマンス「愛しの唇」
4.

Une bouche aimee

録音: November 1982 - February 1984, CTS Studios Wembley, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/227454
 
**:**
カプリッチョ・ブラヴーラ
5.

Capriccio bravura

録音: November 1982 - February 1984, CTS Studios Wembley, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/227455
 
**:**
エレジー第1番 ニ長調
6.

Elegy No. 1 in D Major

録音: November 1982 - February 1984, CTS Studios Wembley, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/227456
 
**:**
ベッリーニの歌劇「テンダのベアトリーチェ」による幻想曲
7.

Fantasia on Bellini's Beatrice di Tenda

録音: November 1982 - February 1984, CTS Studios Wembley, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/227457
 
**:**
グランド・アレグロ「メンデルスゾーン風協奏曲」
8.

Grande allegro di concerto, "alla Mendelssohn"

録音: November 1982 - February 1984, CTS Studios Wembley, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/227458
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
もちろん、コントラバス奏者として有名ではありますが、実はボッテジーニはオペラ指揮者としても名を上げた人でした。当然オペラの美しいメロディは熟知しており、自らの作品中でそれを再現することにも熱心でした。ここに収録した幻想曲では、コロラトゥーラ歌唱を完璧に摸したコントラバスの妙技を聴くことができます。そしてトラック4の実際のソプラノとの素晴らしい二重唱(?)こそボッテジーニの本質を表しているのかもしれません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。