ホーム > アルバム > 8.570794 メンデルスゾーン:劇付随音楽「夏の夜の夢」(英語歌唱)(ウォラーマン/ベッカー/ヴァーシティ/ヴォイセズ/ノータ・ベネ合唱団/ニュージーランド響/ジャッド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.570794
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フェリックス・メンデルスゾーン Felix Mendelssohn
作詞家
ウィリアム・シェイクスピア William Shakespeare
アーティスト
ヴァーシティ・ヴォイシズ Varsity Voices , ジェニー・ウォラーマン Jenny Wollerman , エイドリアン・グローヴ Adrian Grove , ピーター・ケニー Peter Kenny , ジェイムス・ジャッド James Judd , デイヴィッド・ティムソン David Timson , ニュージーランド交響楽団 New Zealand Symphony Orchestra , ノータ・ベネ合唱団 Nota Bene Choir , アン=マリー・ピアッツァ Anne-Marie Piazza , ペペ・ベッカー Pepe Becker , Gunnar Cauthery , Tom Mison , Emily Raymond

メンデルスゾーン:劇付随音楽「夏の夜の夢」(英語歌唱)(ウォラーマン/ベッカー/ヴァーシティ/ヴォイセズ/ノータ・ベネ合唱団/ニュージーランド響/ジャッド)

MENDELSSOHN, Felix: Midsummer Night's Dream (A) (Sung in English) (Wollerman, Becker, Varsity Voices, Nota Bene Choir, New Zealand Symphony, Judd)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.570794

全トラック選択/解除

フェリックス・メンデルスゾーン - Felix Mendelssohn (1809-1847)

**:**
劇付随音楽「夏の夜の夢」 Op. 61 (英語歌唱)

A Midsummer Night's Dream, Op. 61 (Sung in English)

録音: 8-10 September 2003, Wellington Town Hall, New Zealand
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/405314
**:**
»  Overture
1.

-

**:**
»  Act I: Scherzo
2.

-

**:**
»  Act II Scene 1: How now, spirit! (Puck, Fairy)
3.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Fairies' March - Ill met by moonlight (Oberon, Titania, Puck)
4.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Come, now a roundel and a fairy song (Titania) - Song with Chorus: Ye spotted snakes (First Fairy, Second Fairy, Chorus of Fairies)
5.

-

**:**
»  Act II Scene 2: What thou seest, when thou dost wake (Oberon, Puck)
6.

-

**:**
»  Act II: Intermezzo
7.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Come, sit down, every mother's son (Quince, Puck, Bottom, Flute, Snout, Titania, Peaseblossom, Cobweb, Moth, Mustardseed)
8.

-

**:**
»  Act III Scene 2: I wonder if Titania be awaked (Oberon, Puck, Lysander, Demetrius, Helena, Hermia)
9.

-

**:**
»  Act III: Nocturne
10.

-

**:**
»  Act IV Scene 1: Her dotage now I do begin to pity… (Oberon, Titania, Puck, Theseus)
11.

-

**:**
»  Act IV Scene 1: Wedding March
12.

-

**:**
»  Act V Scene 1: So please your grace, the Prologue is address'd (Philostrate, Theseus, Prologue, Pyramus)
13.

-

**:**
»  Act V Scene 1: Funeral March: How chance Moonshine is gone (Hippolyta, Theseus, Thisbe)
14.

-

**:**
»  Act V Scene 1: A Dance of Clowns: The iron tongue of midnight hath told twelve (Theseus, Puck)
15.

-

**:**
»  Act V Scene 1: Through the house give glimmering light (Oberon, Titania)
16.

-

**:**
»  Act V Scene 1: Song: Through the house give glimmering light (Fairies) - Now until the break of day… (Oberon, Fairies, Puck)
17.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/06/01
この「夏の夜の夢」は、まず序曲が1826年に作曲されました。まず、17歳のメンデルスゾーンが姉と楽しむためのピアノ連弾曲として書かれ、すぐに管弦楽版として編曲されています。その16年後、序曲に感銘を受けたプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世の勅命によって「夏の夜の夢の付随音楽」が書かれました。現在では序曲も再利用され、一緒に演奏されることが慣例となっています。しかしながら、彼が付けたメロドラマの部分は省略されることが多く、これでは曲の全貌を理解するにあたって片手落ちとなってしまうではありませんか。そこで当盤では(英語ではありますが)全部きちんと演奏しています。どうぞ、シェイクスピアの描いた妖精物語を心の中で再現してください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。