ホーム > アルバム > 8.572259 ステンハンマル:ピアノ協奏曲第1番, 第2番(シーヴェレフ/マルメ響/ヴェンツァーゴ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572259
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ヴィルヘルム・ステンハンマル Wilhelm Stenhammar
アーティスト
マリオ・ヴェンツァーゴ Mario Venzago , ニクラス・シーヴェレフ Niklas Sivelöv , マルメ交響楽団 Malmö Symphony Orchestra

ステンハンマル:ピアノ協奏曲第1番, 第2番(シーヴェレフ/マルメ響/ヴェンツァーゴ)

STENHAMMAR, W.: Piano Concertos Nos. 1 and 2 (Sivelov, Malmo Symphony, Venzago)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.572259

全トラック選択/解除

ヴィルヘルム・ステンハンマル - Wilhelm Stenhammar (1871-1927)

**:**
ピアノ協奏曲第2番 ニ短調 Op. 23

Piano Concerto No. 2 in D Minor, Op. 23

録音: 25-29 August 2009, Malmo Concert Hall, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/758675
**:**
»  I. Moderato - II. Molto vivace
1.

-

**:**
»  III. Adagio
2.

-

**:**
»  IV. Tempo moderato
3.

-

 
**:**
ピアノ協奏曲第1番 変ロ長調 Op. 1

Piano Concerto No. 1 in B-Flat Major, Op. 1

録音: 25-29 August 2009, Malmo Concert Hall, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/945956
**:**
»  I. Molto moderato e maestoso
4.

-

**:**
»  II. Vivacissimo
5.

-

**:**
»  III. Andante
6.

-

**:**
»  IV. Allegro commodo
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/11/01
ストックホルムでピアノと作曲を学び、最初はピアニストとしてデビューしたスウェーデンの作曲家ステンハンマル。1897年からは指揮者としても活動を始め、1900年にはストックホルム王室歌劇場の楽長に就任したほどの才能の持ち主でした。この2曲のピアノ協奏曲は、そんな彼の全ての才能を目の当たりにできる素晴らしいものです。1893年に書かれた第1番はブラームス風でもあり、チャイコフスキー風でもあるという、まさに後期ロマン派の音楽。そして1904年から1907年に書かれた第2番は、ピアノとオーケストラの緊張感に満ちた対話で始まり、少しずつ劇的な流れへと変化していきます。めまぐるしく変化する楽想からは一時たりとも耳を離すことができません。ピアニストのシーヴェレフのテクニックは感嘆ものですが、指揮をしているヴェンツァーゴの圧倒的な存在感にも注目。あまりにも独創的なブルックナーを振ることで知名度がぐんぐん上がっているという通好みの人です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。