ホーム > アルバム > 8.572272 カプースチン:8つの演奏会用練習曲/24の前奏曲(ゴルデラーゼ)

※現在表示されているトラックは、期間限定で、30秒の試聴制限が解除されています。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572272
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲
作曲家
ニコライ・カプースチン Nicolai Kapustin
アーティスト
カテリーネ・ゴルデラーゼ Catherine Gordeladze

カプースチン:8つの演奏会用練習曲/24の前奏曲(ゴルデラーゼ)

KAPUSTIN, N.: 8 Concert Etudes / 24 Preludes (Gordeladze)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.572272

全トラック選択/解除

ニコライ・カプースチン - Nicolai Kapustin (1937-)

**:**
8つの演奏会用練習曲 Op. 40

8 Concert Etudes, Op. 40

録音: 18-20 February 2010, hr-Sendesaal, Hessischer Rundfunk Frankfurt, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/603999
**:**
»  No. 1. Prelude
1.

-

**:**
»  No. 2. Reverie
2.

-

**:**
»  No. 3. Toccatina
3.

-

**:**
»  No. 4. Reminiscence
4.

-

**:**
»  No. 5. Shuitka (Raillery)
5.

-

**:**
»  No. 6. Pastoral
6.

-

**:**
»  No. 7. Intermezzo
7.

-

**:**
»  No. 8. Finale
8.

-

 
**:**
24の前奏曲 Op. 53

24 Preludes, Op. 53

録音: 18-20 February 2010, hr-Sendesaal, Hessischer Rundfunk Frankfurt, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/604001
**:**
»  Prelude No. 1 in C Major
9.

-

**:**
»  Prelude No. 2 in A Minor
10.

-

**:**
»  Prelude No. 3 in G Major
11.

-

**:**
»  Prelude No. 4 in E Minor
12.

-

**:**
»  Prelude No. 5 in D Major
13.

-

**:**
»  Prelude No. 6 in B Minor
14.

-

**:**
»  Prelude No. 7 in A Major
15.

-

**:**
»  Prelude No. 8 in F-Sharp Minor
16.

-

**:**
»  Prelude No. 9 in E Major
17.

-

**:**
»  Prelude No. 10 in C-Sharp Minor
18.

-

**:**
»  Prelude No. 11 in B Major
19.

-

**:**
»  Prelude No. 12 in G-Sharp Minor
20.

-

**:**
»  Prelude No. 13 in G-Flat Major
21.

-

**:**
»  Prelude No. 14 in E-Flat Minor
22.

-

**:**
»  Prelude No. 15 in D-Flat Major
23.

-

**:**
»  Prelude No. 16 in B-Flat Minor
24.

-

**:**
»  Prelude No. 17 in A-Flat Major
25.

-

**:**
»  Prelude No. 18 in F Minor
26.

-

**:**
»  Prelude No. 19 in E-Flat Major
27.

-

**:**
»  Prelude No. 20 in C Minor
28.

-

**:**
»  Prelude No. 21 in B-Flat Major
29.

-

**:**
»  Prelude No. 22 in G Minor
30.

-

**:**
»  Prelude No. 23 in F Major
31.

-

**:**
»  Prelude No. 24 in D Minor
32.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: Golconde 投稿日:2011/01/01
カプースチンの2つの代表作が全曲演奏の形でナクソスに初登場となりました!「8つの演奏会用練習曲作品40」と「24の前奏曲作品53」の両作品は、もはや「古典」といっても差し支えないでしょう。これらの名作をゴルデラーゼさんは少し遅めのテンポでしっとりと歌い上げています。煌びやかな超絶技巧の奥にあるカプースチンの抒情性を新たに気付かせてくれる演奏と言えるでしょう。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/11/01
今から10年ほど前には、まだこのロシアの作曲家についての情報はほとんどなく、さる名手が「ピアノ・ソナタ第2番」の日本初演をすると言う時の会場の興奮などは、今でも伝説となって生きているほどです。また、最近人気の若手ピアニストが、デビュー前の時代に、テレビに出演して演奏した「演奏会用練習曲?夢」を聴いて涙した人も多かったと聞きます。そんなカプースチン。最近では、彼の知名度も飛躍的にあがり、本人の自作自演CDリリースや、楽譜の出版なども相俟って、この「ジャズ様式のクラシック音楽」も日常に溶け込むものとなっています。彼の作品は聴いてみてもわかる通り、とても華麗であり、ジャズのインプロヴィゼーションもふんだんに使われている(ように思える)のですが、実はその細かい音符は、全て楽譜に書きこまれたものであり、フリージャズなどのような奏者に一任されているものではありません。これは、彼がジャズに興味を持った当時のロシアの音楽事情に拠るものなのでしょうが、精緻に書き込まれた音符を元に、奏者が自由に想像を働かせて、自らの世界を演出するのですから、これほど贅沢なものはないのかもしれません。空気中を煌めきながら乱舞する音に包まれる愉悦感こそ、カプースチンを聴く喜びの一つと言えるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。