ホーム > アルバム > 8.572485 マルティヌー:ハープシコード協奏曲/室内音楽第1番/ロンド/調理場のレビュー(ヒル/ホルスト・シンフォニエッタ/ジモン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572485
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽, バレエ, 協奏曲
作曲家
ボフスラフ・マルティヌー Bohuslav Martinu
アーティスト
クラウス・ジモン Klaus Simon , ロバート・ヒル Robert Hill , ホルスト・シンフォニエッタ Holst Sinfonietta

マルティヌー:ハープシコード協奏曲/室内音楽第1番/ロンド/調理場のレビュー(ヒル/ホルスト・シンフォニエッタ/ジモン)

MARTINU, B.: Revue de cuisine (La) / Harpsichord Concerto / Musique de chambre No. 1 / Les rondes (Hill, Holst Sinfonietta, Simon)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.572485

全トラック選択/解除

ボフスラフ・マルティヌー - Bohuslav Martinu (1890-1959)

**:**
ハープシコード協奏曲 H. 246

Harpsichord Concerto, H. 246

録音: 25-26 October 2009, Schlossbergsaal, SWR-Studio, Freiburg, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2124824
**:**
»  I. Poco allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Allegretto
3.

-

 
**:**
室内音楽第1番 H. 376

Musique de chambre No. 1, H. 376

録音: 25-26 October 2009, Schlossbergsaal, SWR-Studio, Freiburg, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2125115
**:**
»  I. Allegretto moderato
4.

-

**:**
»  II. Andante moderato
5.

-

**:**
»  III. Poco allegro
6.

-

 
**:**
ロンド H. 200

Les rondes, H. 200

録音: 25-26 October 2009, Schlossbergsaal, SWR-Studio, Freiburg, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2125116
**:**
»  I. Poco allegro
7.

-

**:**
»  II. Poco andantino
8.

-

**:**
»  III. Allegro
9.

-

**:**
»  IV. Tempo di valse
10.

-

**:**
»  V. Andantino
11.

-

**:**
»  VI. Allegro vivo
12.

-

 
**:**
バレエ音楽「調理場のレビュー」 H. 161

La revue de cuisine, H. 161

録音: 25-26 October 2009, Schlossbergsaal, SWR-Studio, Freiburg, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2125117
**:**
»  Prologue: Allegretto
13.

-

**:**
»  Introduction: Tempo di marche
14.

-

**:**
»  Danse du moulinet autour du chaudron: Poco meno
15.

-

**:**
»  Danse du chaudron et du couvercle: Allegro
16.

-

**:**
»  Tango (Danse d'amour): Lento
17.

-

**:**
»  Duel: Poco a poco allegro. Tempo di charleston
18.

-

**:**
»  Entr'acte (Lamentation du chaudron): Allegro moderato
19.

-

**:**
»  Marche funebre: Adagio
20.

-

**:**
»  Danse radieuse: Tempo di marche
21.

-

**:**
»  Fin du drame: Allegretto
22.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/05/01
マルティヌーがイマイチ知名度を上げられないのは、もしかしたらあまりにも作品数が多すぎて、聴くべき曲がわからないからなのかも知れません。そんな時は、やっぱり楽しい曲から攻めてみませんか?この「調理場のレヴュー」などは入門曲としてうってつけ。結婚を控えたポットと蓋ですが、泡だて器が横やりを入れ、そこに布巾が介入、ほうきも交えてのケンカが始まります。最終的には仲直りをするという物語ですが、なんといっても音楽が楽しいこと!タンゴ、チャールストンなど当時流行の音楽が至るところに使われています。組曲版としての上演機会は稀にありますが、残念ながら、バレエとしては、初演以降忘れられてしまっていたもので、今回、ホグウッドによる綿密な校訂のもと、この全曲盤が蘇ったのです。ハープシコード協奏曲は、マルセル・ド・ラクール(パリ国立高等音楽院にチェンバロ科を設立した人物)に献呈され、初演もラクールが行いました。プーランクの「田園のコンセール」にもひけを取らないほどの、ネオクラシカル調の精彩に満ちた名作です。録音 2009年10月25-26日ドイツ フライブルク,シュロスベルクザール・SWRスタジオ

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。