ホーム > アルバム > 8.572525 ペルト:ラメンターテ/ソナチネ/パルティータ(ファン・ラート/オランダ放送室内フィル/ファレッタ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572525
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 協奏曲
作曲家
アルヴォ・ペルト Arvo Pärt
アーティスト
オランダ放送室内フィルハーモニー Netherlands Radio Chamber Philharmonic , ジョアン・ファレッタ JoAnn Falletta , ラルフ・ファン・ラート Ralph van Raat

ペルト:ラメンターテ/ソナチネ/パルティータ(ファン・ラート/オランダ放送室内フィル/ファレッタ)

PART, A.: Piano Music - Piano Sonatine / Partita / Lamentate (van Raat, Netherlands Radio Chamber Philharmonic, Falletta)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.572525

全トラック選択/解除

アルヴォ・ペルト - Arvo Pärt (1935-)

**:**
ソナチネ Op. 1 No. 1

Piano Sonatine, Op. 1, No. 1

録音: 25 March 2010, Haitinkzaal, Amsterdam, The Netherlands
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/598639
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Larghetto - Allegro
2.

-

 
**:**
ソナチネ Op. 1 No. 2

Piano Sonatine, Op. 1, No. 2

録音: 25 March 2010, Haitinkzaal, Amsterdam, The Netherlands
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1177045
**:**
»  I. Allegro energico
3.

-

**:**
»  II. Largo
4.

-

**:**
»  III. Allegro
5.

-

 
**:**
パルティータ Op. 2

Partita, Op. 2

録音: 25 March 2010, Haitinkzaal, Amsterdam, The Netherlands
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1177046
**:**
»  I. Toccatina
6.

-

**:**
»  II. Fughetta
7.

-

**:**
»  III. Larghetto
8.

-

**:**
»  IV. Ostinato
9.

-

 
**:**
アリヌーシュカの癒しに基づく変奏曲

Variationen zur Gesundung von Arinuschka

録音: 25 March 2010, Haitinkzaal, Amsterdam, The Netherlands
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1177047
**:**
»  Variation 1: Moderato
10.

-

**:**
»  Variation 2
11.

-

**:**
»  Variation 3
12.

-

**:**
»  Variation 4: Più mosso
13.

-

**:**
»  Variation 5
14.

-

**:**
»  Variation 6
15.

-

 
**:**
アリーナのために
16.

Fur Alina

録音: 25 March 2010, Haitinkzaal, Amsterdam, The Netherlands
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1177048
 
**:**
アンナ・マリアのために
17.

Fur Anna Maria

録音: 25 March 2010, Haitinkzaal, Amsterdam, The Netherlands
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1177049
 
**:**
ラメンターテ

Lamentate

録音: 2-6 February 2010, Studio MCO 1, Muziekcentrum van de Omroep, Hilversum, The Netherlands
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1177050
**:**
»  Minacciando -
18.

-

**:**
»  Spietato -
19.

-

**:**
»  Fragile -
20.

-

**:**
»  Pregando -
21.

-

**:**
»  Solitudine - stato d'animo -
22.

-

**:**
»  Consolante -
23.

-

**:**
»  Stridendo -
24.

-

**:**
»  Lamentabile -
25.

-

**:**
»  Risolutamente -
26.

-

**:**
»  Fragile e conciliante
27.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/10/01
「現代人の心の癒し」として、その作品が幅広い人気を得ている現代作曲家アルヴォ・ペルト。しかし、このアルバムから最初に聴こえてくるのは、メカニカルで他動的な音楽です。そんな「ソナチネ」は1950年代の終わり、彼が20代の頃の作品でした。しかしその作風はソヴィエト政府の怒りを買う事になり、模索を重ねた結果、彼は「西洋音楽の根底」へ回帰することとなります。使われる音符は少なくなり、リズムは単純になっていきます。そして「アリーナのために」では無調も捨て去り、2006年の「アンナ・マリアのために」ではまるでモーツァルトか、リチャード・クレイダーマンのピアノ曲のような明快さを得ています。2002年に書かれた「ラメンターテ」はインドのアーティスト、A.カプーアの彫刻「Marsyas」にインスパイアされた作品で、ここでは、いつもの静謐なペルトだけではなく、激しい音の応酬も聞こえてくる音による記念碑です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。