ホーム > アルバム > 8.572597 バックス:冬の伝説/朝の歌/サガ・フラグメント(ウォス/ボーンマス響/ジャッド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572597
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
アーノルド・バックス Arnold Bax
アーティスト
アシュリー・ウォス Ashley Wass , ジェイムス・ジャッド James Judd , ボーンマス交響楽団 Bournemouth Symphony Orchestra

バックス:冬の伝説/朝の歌/サガ・フラグメント(ウォス/ボーンマス響/ジャッド)

BAX, A.: Winter Legends / Morning Song / Saga Fragment (Wass, Bournemouth Symphony, Judd)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.572597

全トラック選択/解除

アーノルド・バックス - Arnold Bax (1883-1953)

38:25
冬の伝説

Winter Legends

録音: 21-22 June 2010, The Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/895509
12:23
»  I. Allegro
1.

-

14:33
»  II. Lento, molto espressivo
2.

-

07:08
»  III. Molto moderato - Allegro molto -
3.

-

04:21
»  III. Epilogue: Molto cantabile
4.

-

 
07:11
朝の歌「サセックスの五月」
5.

Morning Song, "Maytime in Sussex"

録音: 21-22 June 2010, The Lighthouse, Poole, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/895510
 
10:37
サガ・フラグメント
6.

Saga Fragment

録音: 21-22 June 2010, The Lighthouse, Poole. UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/895511
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2011/05/01
イギリスの近代作曲家、アーノルド・バックス(1883-1953)はモダニズム全盛の時代にあっても、自らを「恥じることなきロマン主義者」と呼んでいました。彼の音楽は幅広いメロディーをもち、巧みで豊かなオーケストレーションが施されています。とりわけ彼のピアノ作品は、戦争中に秘密の愛を育んだピアニスト、ハリエット・コーエンのために書かれたものが多く、底に秘めた情熱の焔は永遠に青白く燃えています。「冬の伝説」は彼が愛した北国の風景が描かれています。海と松林、暗い空、そして力強い自然が音で描かれています。サセックスの5月の副題が付いた「朝の歌」は当時のエリザベス王女21歳の誕生日を祝うための作品です。1933年には「サガ断章」が書かれます。これは、アメリカに演奏旅行に出かけるコーエンが、バックスに「新しい曲を演奏したいので作って欲しい」と頼み、彼はそれに応え、自作のピアノ四重奏曲を小さな管弦楽とピアノのあために編曲しました。当時の暗い世情を反映するかのような不吉さが全編を覆う濃い作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。