ホーム > アルバム > 8.572743 ブロッホ:アメリカ/コンチェルト・グロッソ第1番(シアトル響/シュワルツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572743
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
エルネスト・ブロッホ Ernest Bloch
作詞家
ウォルト・ホイットマン Walt Whitman
アーティスト
シアトル交響楽団 Seattle Symphony Orchestra , シアトル交響合唱団 Seattle Symphony Chorale , ジェラード・シュワルツ Gerard Schwarz , パトリシア・マイケリアン Patricia Michaelian

ブロッホ:アメリカ/コンチェルト・グロッソ第1番(シアトル響/シュワルツ)

BLOCH, E.: America / Concerto Grosso No. 1 (Michaelian, Seattle Symphony, Schwarz)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.572743

全トラック選択/解除

エルネスト・ブロッホ - Ernest Bloch (1880-1959)

**:**
アメリカ - エピック・ラプソディ

America: an Epic Rhapsody

録音: 1, 2 June 1993, Seattle Center Opera House, Seattle, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2017526
**:**
»  I. 1620: The Soil - The Indians - (England) - The Mayflower - The Landing of the Pilgrims
1.

-

**:**
»  II. 1861-1865: Hours of Joy - Hours of Sorrow
2.

-

**:**
»  III. 1926: The Present - The Future (Anthem)
3.

-

 
**:**
コンチェルト・グロッソ第1番

Concerto Grosso No. 1

録音: 21 January 1992, Seattle Center Opera House, Seattle, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2017527
**:**
»  I. Prelude: Allegro energico e pesante
4.

-

**:**
»  II. Dirge: Andante moderato
5.

-

**:**
»  III. Pastorale and Rustic Dances
6.

-

**:**
»  IV. Fugue
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/03/01
スイス、ジュネーヴに生まれ、ブリュッセル音楽院でウジェーヌ・イザイに師事、1916年にアメリカに移住した作曲家ブロッホは、この地で数多くの音楽家を育てあげるなど、アメリカの新古典主義音楽の興隆に尽力した事でも知られます。彼は自作の中に、しばしばユダヤの民族音楽を取り入れた独自の作風を示しましたが、この1926年に作曲された「アメリカ-叙事的狂詩曲」は、彼を受け入れたアメリカに対する"愛国心"が描かれたもので、実は、彼がアメリカへと向かう船の中で最初に構想されたものが10年を経てようやく実現したものだったのでした。ネイティヴ・アメリカンの時代から、ブロッホが生活していた1926年、そして未来への予想図が3つの楽章に分けて描かれ、そこには数多くのメロディの引用が織り込まれた音楽による歴史絵巻となっています。1927年、ミュージカル・アメリカ誌の主宰する作曲コンクールで受賞した作品です。合奏協奏曲は、バロック音楽の形式を再現した新古典派の流儀による作品。ピアノが面白いように活躍します。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。