ホーム > アルバム > 8.572749 コダーイ:組曲「ハーリ・ヤーノシュ」/ガランタ舞曲/ドホナーニ:コンツェルトシュテュック(シュタルケル/シアトル響/シュワルツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572749
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
ゾルターン・コダーイ Zoltán Kodály , エルネー・ドホナーニ Erno Dohnányi
アーティスト
シアトル交響楽団 Seattle Symphony Orchestra , ヤーノシュ・シュタルケル Janos Starker , ジェラード・シュワルツ Gerard Schwarz

コダーイ:組曲「ハーリ・ヤーノシュ」/ガランタ舞曲/ドホナーニ:コンツェルトシュテュック(シュタルケル/シアトル響/シュワルツ)

KODALY, Z.: Hary Janos Suite / Dances of Galanta / DOHNANYI, E.: Konzertstuck (Starker, Seattle Symphony, Schwarz)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.572749

全トラック選択/解除

ゾルターン・コダーイ - Zoltán Kodály (1882-1967)

**:**
組曲「ハーリ・ヤーノシュ」

Hary Janos Suite

録音: 22 November 1988, Seattle Center Opera House, Seattle
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1861118
**:**
»  I. Kezdodik a mese (The Fairy Tale Begins)
1.

-

**:**
»  II. Becsi harangjatek (Viennese Musical Clock)
2.

-

**:**
»  III. Dal (Song)
3.

-

**:**
»  IV. Napoleon csataja (The Battle and Defeat of Napoleon)
4.

-

**:**
»  V. Kozjatek (Intermezzo)
5.

-

**:**
»  VI. A csaszari udvar bevonulasa (Entrance of the Emperor and his Court)
6.

-

エルネー・ドホナーニ - Erno Dohnányi (1877-1960)

**:**
コンツェルトシュテュック Op. 12
7.

Konzertstuck, Op. 12

録音: 7 June 1990, Seattle Center Opera House, Seattle, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1861119

ゾルターン・コダーイ - Zoltán Kodály (1882-1967)

**:**
ガランタ舞曲
8.

Galantai tancok (Dances of Galanta)

録音: 9 September 1989, Seattle Center Opera House, Seattle, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1861120
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/06/01
コダーイ(1882-1967)の「ハーリ・ヤーノシュ」は本来は劇音楽として書かれた作品です。もともとはハンガリーの詩人ガライ・ヤーノシュの「Az obsitos(兵士の休日・・・カールマンもこの題材でオペレッタを作曲)」に登場する荒唐無稽な話を語る“自称”冒険家の物語で、これを元にパウリニとハルシャーニが台本を書き、コダーイが音楽を担当、「5つの冒険」というジンクシュピールができたもので、この中から6曲を抜粋したものが、現在演奏されるこの「ハーリ・ヤーノシュ組曲」というわけです。曲ごとに使用する楽器が異なり、ハンガリーの民族楽器ツィンバロンまで登場するという楽しいもので、聴いているだけで夢心地になれそうな想像力に富んだ音楽です。ブダペスト・フィルハーモニック協会80周年記念のために書かれた「ガランタ組曲」も心躍る舞曲です。同時収録のドホナーニ(1877-1960)のチェロ協奏曲は、単一楽章でありながらも、本格的な協奏曲であり、抒情的で美しいメロディに満ちた聴きごたえのある名作。名手シュタルケルの納得の演奏が花を添えています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。