ホーム > アルバム > 8.572763 ヒンデミット:組曲「気高い幻想」/教育音楽 - 弦楽オーケストラのための5つの小品(シアトル響/シュウォーツ))

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572763
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
パウル・ヒンデミット Paul Hindemith
アーティスト
シアトル交響楽団 Seattle Symphony Orchestra , ジェラード・シュウォーツ Gerard Schwarz

ヒンデミット:組曲「気高い幻想」/教育音楽 - 弦楽オーケストラのための5つの小品(シアトル響/シュウォーツ))

HINDEMITH, P.: Nobilissima Visione (Complete Ballet) / 5 Pieces for String Orchestra (Seattle Symphony, Schwarz)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.572763

全トラック選択/解除

パウル・ヒンデミット - Paul Hindemith (1895-1963)

**:**
組曲「気高い幻想」

Nobilissima visione

録音: 4-5 and 19 May 2011, Illsley Ball Nordstrom Recital Hall, Benaroya Hall, Seattle, US
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3527565
**:**
»  I. Einleitung und Lied des Troubadour
1.

-

**:**
»  II. Tuchkaufer und Bettler
2.

-

**:**
»  III. Der Ritter
3.

-

**:**
»  IV. Marsch
4.

-

**:**
»  V. Erscheinung der drei Frauen
5.

-

**:**
»  VI. Festmusik
6.

-

**:**
»  VII. Schluss des Festes
7.

-

**:**
»  VIII. Meditation
8.

-

**:**
»  IX. Geigenspiel. Der Wolf
9.

-

**:**
»  X. Kargliche Hochzeit
10.

-

**:**
»  XI. Incipiunt laudes creaturarum
11.

-

 
**:**
教育音楽 - 弦楽オーケストラのための5つの小品 Op. 44, No. 4

Schulwerk: 5 Pieces for String Orchestra, Op. 44, No. 4

録音: 19 May 2011, Illsley Ball Nordstrom Recital Hall, Benaroya Hall, Seattle, US
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3651484
**:**
»  No. 1. Langsam
12.

-

**:**
»  No. 2. Langsam - Schnell
13.

-

**:**
»  No. 3. Lebhaft
14.

-

**:**
»  No. 4. Sehr langsam
15.

-

**:**
»  No. 5. Lebhaft
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/06/01
1920年代、ドイツの音楽界で目覚しい活躍をしていたヒンデミット(1895-1963)。彼の創造性は多くの若い作曲家、芸術家を牽引し、戦後の音楽界に新風を齎していました。そんなヒンデミットですが、1936年10月にバレエ・リュスのダンサー、振り付け師として活躍していたレオニード・マシーンから作品を依頼されます。ヒンデミットはイタリアのサンタ・クローチェ教会を訪れ、そこにあった壮麗なフレスコ画に描かれた"アッシジの聖フランチェスコ"の姿に多大なる感銘を受け、この物語をバレエにすることをマシーンに提案します。元々は裕福な商人の息子であったフランチェスコが、様々な体験を経て宗教へ目覚めていく姿を描いた一連の音楽は、彼らしい管弦楽法による叙情とエレジー、そして荘厳な物語を紡いでいきます。ヒンデミットは後年、この全曲の中から5曲を選び出し、若干のオーケストレーションを変更した3曲からなる「組曲」を作りました。現在はこちらがしばしば演奏されていますが、やはり全曲を聴くことで、作品への理解が深まることは間違いありません。弦楽オーケストラのための5つの作品は、オーケストラのための「練習曲」であり教育用として作曲されましたが、曲の出来は素晴らしく、単独で聴いても、決して聴き劣りするものではありません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。