ホーム > アルバム > 8.572888 ラヴェル:管弦楽作品集 2 (フランス国立リヨン管/スラットキン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.572888
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
編曲者
マリウス・コンスタン Marius Constant
アーティスト
レナード・スラットキン Leonard Slatkin , フランス国立リヨン管弦楽団 Lyon National Orchestra

ラヴェル:管弦楽作品集 2 (フランス国立リヨン管/スラットキン)

RAVEL, M.: Orchestral Works, Vol. 2 - Valses nobles et sentimentales / Gaspard de la nuit (Lyon National Orchestra, Slatkin)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.572888

全トラック選択/解除

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
高雅で感傷的なワルツ

Valses nobles et sentimentales (version for orchestra)

録音: 6 September 2011, Auditorium de Lyon, Lyon, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3195722
**:**
»  I. Modere
1.

-

**:**
»  II. Assez lent
2.

-

**:**
»  III. Modere
3.

-

**:**
»  IV. Assez anime
4.

-

**:**
»  V. Presque lent
5.

-

**:**
»  VI. Assez vif
6.

-

**:**
»  VII. Moins vif
7.

-

**:**
»  Epilogue
8.

-

 
**:**
夜のガスパール(M. コンスタンによる管弦楽版)

Gaspard de la nuit (arr. M. Constant for orchestra)

録音: 28-29 November 2012, National Auditorium, Lyon, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3195749
**:**
»  I. Ondine
9.

-

**:**
»  II. Le gibet
10.

-

**:**
»  III. Scarbo
11.

-

 
**:**
クープランの墓

Le tombeau de Couperin (version for orchestra)

録音: 27-28 November 2012, National Auditorium, Lyon, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3195750
**:**
»  No. 1. Prelude
12.

-

**:**
»  No. 2. Forlane
13.

-

**:**
»  No. 3. Menuet
14.

-

**:**
»  No. 4. Rigaudon
15.

-

 
**:**
ラ・ヴァルス
16.

La valse (version for orchestra)

録音: 27 November 2012, National Auditorium, Lyon, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3195751
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/10/01
第1集(8.572887)は超有名曲の「ボレロ」を始めとしたラインナップで、たちまちファンの耳を虜にしたスラットキン&リヨンのラヴェル(1875-1937)管弦楽作品集。第2集では、2つのワルツを含むピアノ曲からの編曲物を集めています。どれも一筋縄ではいかない作品ですが、そこは名手スラットキン。きっちりコントロールした美しい響きを届けてくれます。「高雅で感傷的なワルツ」はもともとシューベルトのワルツをモティーフにして書かれたという作品で、ピアノによる初演時には作曲家の名を伏せ「誰の曲か」を当てるという試みがなされたといいます。ピアノ版では他の作曲家の曲と思った人もいたようですが、管弦楽版になれば、まさしく「音の魔術師」ラヴェルならではの音世界が展開しているので、これなら間違える人もいないのでは?「夜のガスパール」はラヴェル自身の編曲ではありませんが、「オンディーヌ」の冒頭のピアノの幽かなさざめきが見事にオーケストラに移し替えられています。「クープランの墓」は第1次世界大戦で命を落としたラヴェルの友人たちへの思い出を綴ったもの。ラ・ヴァルスはウィンナ・ワルツへのオマージュ。しなやかさの中に強かさが感じられるラヴェル。これはステキです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。