ホーム > アルバム > 8.573010 タネーエフ:弦楽四重奏全曲 3 (カルペ・ディエム弦楽四重奏団)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573010
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
セルゲイ・イヴァノヴィチ・タネーエフ Sergey Ivanovich Taneyev
アーティスト
カルペ・ディエム弦楽四重奏団 Carpe Diem String Quartet

タネーエフ:弦楽四重奏全曲 3 (カルペ・ディエム弦楽四重奏団)

TANEYEV, S.I.: String Quartets (Complete), Vol. 3 (Carpe Diem String Quartet) - Nos. 5, 7

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573010

全トラック選択/解除

セルゲイ・イヴァノヴィチ・タネーエフ - Sergey Ivanovich Taneyev (1856-1915)

38:04
弦楽四重奏曲第7番 変ホ長調

String Quartet No. 7 in E-Flat Major

録音: 18-20 December 2010, AudioLab, Boise, Idaho, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2957083
12:56
»  I. Allegro
1.

-

09:56
»  II. Adagio cantabile
2.

-

05:16
»  III. Scherzo
3.

-

09:56
»  IV. Finale. Allegro molto
4.

-

 
24:10
弦楽四重奏曲第5番 イ長調 Op. 13

String Quartet No. 5 in A Major, Op. 13

録音: 18-20 December 2010, AudioLab, Boise, Idaho, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2957950
09:18
»  I. Allegro con spirito
5.

-

06:35
»  II. Adagio espressivo
6.

-

03:44
»  III. Allegro molto
7.

-

04:33
»  IV. Presto
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/06/01
作曲をチャイコフスキーに、ピアノをニコライ・ルビンシテインに学んだタネーエフ(1856-1915)。彼は素晴らしいピアニストであり、師であるチャイコフスキーのピアノ協奏曲第1番のモスクワ初演を行う程の腕前の持ち主でした(第2番の世界初演も担当している)。また対位法の理論家でもあり、正教会の聖歌も作曲するなど多彩な才能の持ち主でした。彼の作風は驚くほど保守的で確固たる構造を持ち、とりわけ弦楽四重奏曲の早い楽章は、モーツァルトやベートーヴェンに匹敵するほどのシンプルさを有しています。とは言え、緩徐楽章では溢れんばかりの抒情性に満ちていて、「ロシア的な美しさ」を堪能することができるものです。第7番は、実は初期の作品であり、1880年に彼がパリに滞在していた頃に書かれたもの。簡素な美しさの中に、一筋縄ではいかない音の動きが見え隠れします。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。