ホーム > アルバム > 8.573043 ヴィラ=ロボス:交響曲第6番, 第7番(サンパウロ響/カラブチェフスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573043
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エイトル・ヴィラ=ロボス Heitor Villa-Lobos
アーティスト
イサーク・カラブチェフスキー Isaac Karabtchevsky , サンパウロ交響楽団 São Paulo Symphony Orchestra

ヴィラ=ロボス:交響曲第6番, 第7番(サンパウロ響/カラブチェフスキー)

VILLA-LOBOS, H.: Symphonies Nos. 6 and 7 (Sao Paulo Symphony, Karabtchevsky)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573043

全トラック選択/解除

エイトル・ヴィラ=ロボス - Heitor Villa-Lobos (1887-1959)

**:**
交響曲第6番 「ブラジルの山の稜線」

Symphony No. 6, "On the Outline of the Mountains of Brazil"

録音: 21 February-5 March 2011, Sala Sao Paulo, Sao Paulo, Brazil
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/1971317
**:**
»  I. Allegro non troppo
1.

-

**:**
»  II. Lento
2.

-

**:**
»  III. Allegretto quasi animato
3.

-

**:**
»  IV. Allegro
4.

-

 
**:**
交響曲第7番

Symphony No. 7

録音: 21 February-5 March 2011, Sala Sao Paulo, Sao Paulo, Brazil
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2315635
**:**
»  I. Allegro vivace
5.

-

**:**
»  II. Lento
6.

-

**:**
»  III. Scherzo: Allegro non troppo
7.

-

**:**
»  IV. Allegro preciso
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2012/08/01
「ブラジル風バッハ」で知られる作曲家ヴィラ=ロボス(1887-1959)は、生涯に12曲の交響曲を残しました。このアルバムはNAXOSにおける彼の交響曲全集の第1作目となるものです。1944年に書かれた第6番はエキゾチック、かつ雄大な音楽で幕を開けます。平明さを湛えながらも一筋縄ではいかない手の込んだ音は、まさに入り組んだ山並みを思い起こさせます。第2楽章の美しさも特筆すべき点でしょう。賑やかな第3楽章を経て、これまたダイナミックな終楽章へと傾れ込む見事な展開は、まさに手に汗を握るがごとしです。その翌年に書かれた第7番は、近代的な響きに彩られた野心的な作品で、ハープや打楽器を駆使した大管弦楽の咆哮は、胸を躍らせること間違いなし。20世紀音楽をじっくり語りたいなら、必ず通らなくてはいけない道と言えそうです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。