ホーム > アルバム > 8.573045 グリーグ:管弦楽作品集 7 - オラヴ・トリュグヴァソン/故郷への帰還/組曲「十字軍の戦士シーグル」(抜粋)(マルメ響/エンゲセト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573045
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ, 合唱曲(世俗曲), 交響曲/管弦楽曲
作曲家
エドヴァルド・グリーグ Edvard Grieg , エドムント・ノイペルト Edmund Neupert
作詞家
ビョルンスティエルネ・ビョルンソン Bjørnstjerne Bjørnson
編曲者
エドヴァルド・グリーグ Edvard Grieg
アーティスト
マリアンヌ・E・アンデルセン Marianne E. Andersen , ビャルテ・エンゲセト Bjarte Engeset , ニーナ・グラーヴロク Nina Gravrok , ユングヴェ・アンドレ・ソベルグ Yngve Andre Soberg , マグネ・フレンメリー Magne Fremmerlid , マルメ歌劇場合唱団 Malmo Opera Chorus , マルメ歌劇場管弦楽団 Malmö Opera Orchestra , マルメ交響楽団 Malmö Symphony Orchestra , マルメ室内合唱団 Malmo Chamber Choir , ルンド大学男声合唱団 Lunds Studentsangare , ヘルゲ・ロニング Helge Ronning

グリーグ:管弦楽作品集 7 - オラヴ・トリュグヴァソン/故郷への帰還/組曲「十字軍の戦士シーグル」(抜粋)(マルメ響/エンゲセト)

GRIEG, E.: Orchestral Music, Vol. 7 - Olav Trygvason / Landkjenning / Sigurd Jorsalfar (excerpts) (Malmo Symphony, Engeset)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573045

全トラック選択/解除

エドヴァルド・グリーグ - Edvard Grieg (1843-1907)

**:**
故郷への帰還 Op. 31
1.

Landkjenning (Land-Sighting), Op. 31

録音: 26 May 2009, Malmo Concert Hall, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3227528
 
**:**
組曲「十字軍の戦士シグール」 Op. 22 (抜粋)

Sigurd Jorsalfar, Op. 22 (excerpts)

録音: 26 May 2009, Malmo Concert Hall, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3227529
**:**
»  IV. Norronafolket (The Northland People)
2.

-

**:**
»  VIII. Kongekvadet (The King's Song)
3.

-

**:**
»  IX. Horn Signals
4.

-

**:**
»  I. Innledning til Akt I
5.

-

**:**
»  Intermezzo
6.

-

 
**:**
オラヴ・トリュグヴァソン Op. 50

Olav Trygvason, Op. 50

録音: 7-9 June 2012, Malmo Concert Hall, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3227531
**:**
»  Scene 1: Skjult i de mange manende navne (Though to Whom Fancy Lends Many Titles)
7.

-

**:**
»  Scene 2: Ej er det nok naevne ved Navn (Tis not Enough that ye Invoke)
8.

-

**:**
»  Scene 3: Giv alle Guder gammens og gledesskal (Give to all Gods a Grace-Cup of Gratitude)
9.

-

エドムント・ノイペルト - Edmund Neupert (1842-1888)

**:**
習作 Op. 26 - 第1楽章 アンダンティーノ(E. グリーグによる管弦楽編)
10.

Studier, Op. 26: I. Andantino (arr. E. Grieg for orchestra as Resignation)

録音: 7-9 June 2012, Malmo Concert Hall, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3227532
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/10/01
このアルバムに収録された作品は、グリーグ(1843-1907)と台本作家ビョルンスティエルネ・ビョルンソン(1903年にノーベル文学賞を受賞したノルウェーの偉大なる台本作家)が魅了されたノルウェーの歴史に関わるものです。彼らは、ヴァイキングが闊歩していた、キリスト教と古ノルド語の宗教が激しい競合を繰り返していた時代に魅入られ、いくつかの素晴らしい物語を作り上げました。「故郷への帰還」は歌劇の題材にもなっている実在の王オラヴ・トリグヴァソン(960頃-1000)の物語。彼がイギリスからノルウェーへ戻る際、故郷の海岸を見て宗教的な幻想にかられたということをモティーフにしています。「十字軍の王シーグル」にまつわる音楽もビョルンソンによる戯曲のために作曲したもの。初演時に好評を博し、後に組曲にも再編しています。「オラヴ・トリグヴァソンの3つの情景」は未完に終わった歌劇から取り出されたもの。最後に置かれたノイペルトの作品はビョルンソンが好んだ曲。ノイペルトの友人であったグリーグが管弦楽版に編曲したものです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。