ホーム > アルバム > 8.573151 ヴィラ=ロボス:交響曲第3番「戦争」, 第4番「勝利」(サンパウロ響/カラブチェフスキー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573151
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
エイトル・ヴィラ=ロボス Heitor Villa-Lobos
アーティスト
イサーク・カラブチェフスキー Isaac Karabtchevsky , サンパウロ交響楽団 São Paulo Symphony Orchestra

ヴィラ=ロボス:交響曲第3番「戦争」, 第4番「勝利」(サンパウロ響/カラブチェフスキー)

VILLA-LOBOS, H.: Symphonies Nos. 3, "War" and 4, "Victory" (Sao Paulo Symphony, Karabtchevsky)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573151

全トラック選択/解除

エイトル・ヴィラ=ロボス - Heitor Villa-Lobos (1887-1959)

**:**
交響曲第3番 「戦争」

Symphony No. 3, "A guerra" (War)

録音: 26 February-5 March 2012, Sala Sao Paulo, Sao Paulo, Brazil
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2635691
**:**
»  I. Life and Labour: Allegro quasi giusto
1.

-

**:**
»  II. Intrigues and Rumours: Movimento vivo
2.

-

**:**
»  III. Suffering: Lento e marcial
3.

-

**:**
»  IV. The Battle: Allegro impetuoso
4.

-

 
**:**
交響曲第4番 「勝利」

Symphony No. 4, "A vitoria" (Victory)

録音: 26 February-5 March 2012, Sala Sao Paulo, Sao Paulo, Brazil
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/2635692
**:**
»  I. Allegro impetuoso
5.

-

**:**
»  II. Andantino
6.

-

**:**
»  III. Andante
7.

-

**:**
»  IV. Lento - Allegro
8.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/02/01
ヴィラ=ロボス(1887-1959)の「戦争」と「勝利」の交響曲は、第一次世界大戦の休戦を記念するためのブラジル政府から委嘱された作品です。当時32歳の彼は、すでに「国際的なモダニズム感を持つブラジルの芸術家グループの中心人物」として位置づけられており、この依頼を受けた彼は、決して勝ち誇った態度をとることのないように細心の注意を払った上で、この2つの曲を書き下ろしたのです。第3番「戦争」では、ブラジルの国家と「ラ・マルセイエーズ」の断片が聴こえてきたり、リゴレットの苦悩のモティーフが引用されたりと、かなりコラージュ的な手法で書かれています。第4番はさらに情熱的になり、最終楽章では狂乱の真っただ中に放り込まれるかのような陶酔感に満ちています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。