ホーム > アルバム > 8.573271 ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番/リーム:歌の時(ズヴェーデン/ワールト/ペスコ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573271
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ドミートリー・ショスタコーヴィチ Dmitry Shostakovich , ヴォルフガング・リーム Wolfgang Rihm
アーティスト
オランダ放送フィルハーモニー管弦楽団 Netherlands Radio Philharmonic Orchestra , ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン Jaap van Zweden , ゾルターン・ペスコ Zoltán Peskó , ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 Royal Concertgebouw Orchestra , エド・デ・ワールト Edo de Waart

ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番/リーム:歌の時(ズヴェーデン/ワールト/ペスコ)

SHOSTAKOVICH, D.: Violin Concerto No. 1 / RIHM, W.: Gesungene Zeit (Van Zweden, Waart, Peskó)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573271

全トラック選択/解除

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 Op. 77

Violin Concerto No. 1 in A Minor, Op. 77

録音: 16-19 April 1994, VARA Studio 1 and Muziekcentrum Vredenburg, Utrecht, Holland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3140424
**:**
»  I. Nocturne: Adagio
1.

-

**:**
»  II. Scherzo: Allegro non troppo
2.

-

**:**
»  III. Passacaglia: Andante
3.

-

**:**
»  IV. Burlesca: Allegro con brio
4.

-

ヴォルフガング・リーム - Wolfgang Rihm (1952-)

**:**
歌の時
5.

Gesungene Zeit (Time Chant)

録音: 17 June 1995, Concertgebouw, Amsterdam, Holland
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3140425
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/09/01
現在は素晴らしい指揮者として活躍している1960年生まれのヤープ・ヴァン・ズヴェーデンですが、彼はもともとジュリアード音楽院で学んだ優れたヴァイオリニストであり、1979年から1995年まではロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団のコンサート・マスターを務めていました。このアルバムはそんな時期に録音され、名盤として親しまれた記録を復活させたものです。。ショスタコーヴィチの協奏曲は1947年から1948年にかけて作曲されており、交響曲に匹敵する深い内容を持つもので、有名なジダーノフ批判(ソビエト連邦共産党中央委員会による前衛芸術への抑圧)を避け、公表を差し控えたという経緯があります。第1楽章から唐突に「夜想曲」で始まるという不思議な構成を持ち、全体は思索的でありながらも爆発直前のエネルギーを秘めています。リームの作品は名ヴァイオリニスト、アンネ=ゾフィー・ムターに捧げられた作品で、もちろん彼女の名演も存在しますが、ズヴェーデンの演奏は、また違った立ち位置での解釈で、一つの作品が普遍的な価値を持つ経緯を眺めることができるでしょう。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。