ホーム > アルバム > 8.573276 細川俊夫:管弦楽作品集 2 - 夢を織る/開花 II/循環する海(ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管/フランス国立リヨン管/メルクル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573276
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
細川俊夫 Toshio Hosokawa
アーティスト
フランス国立リヨン管弦楽団 Lyon National Orchestra , 準・メルクル Jun Märkl , ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団 Royal Scottish National Orchestra

細川俊夫:管弦楽作品集 2 - 夢を織る/開花 II/循環する海(ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管/フランス国立リヨン管/メルクル)

HOSOKAWA, Toshio: Orchestral Works, Vol. 2 - Woven Dreams / Blossoming II / Circulating Ocean (Märkl)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573276

全トラック選択/解除

細川俊夫 - Toshio Hosokawa (1955-)

**:**
夢を織る
1.

Woven Dreams

録音: 10-12 June 2013, Henry Wood Hall, Glasgow, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3633764
 
**:**
開花 II
2.

Blossoming II

録音: 10-12 June 2013, Henry Wood Hall, Glasgow, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3633765
 
**:**
循環する海

Circulating Ocean

録音: 15 July 2007, Auditorium de Lyon, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3633766
**:**
»  Introduction -
3.

-

**:**
»  Silent Ocean -
4.

-

**:**
»  Waves from the Ocean -
5.

-

**:**
»  Cloudscape in the Sky -
6.

-

**:**
»  Storm -
7.

-

**:**
»  Waves -
8.

-

**:**
»  Breeze on the Ocean -
9.

-

**:**
»  The Water Returning to the Sky Again -
10.

-

**:**
»  Mist on the Ocean
11.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/08/01
現代日本の作曲家の中でも、ワールドワイドで最も高い評価を受けている人といえば、やはり細川俊夫(1955-)であることは間違いありません。彼の作品には、日本的な要素(音色も思考も)が極めて多く用いられているのですが、その語法の巧みさと真摯さによって、それらが言葉の壁を越えて世界中の人々へと伝播しているのですから。ここに収録された3つの作品は、それぞれ異なる源泉から生まれています。「夢を織る」は彼自身が母の胎内にいた時の仄かな記憶とも夢とも取れるもの。永遠の揺りかごである子宮の中に聞こえてくる音は"変ロ音"。柔らかく全てを絡めとっていくようなこの音に包まれながら、彼は大いなる旅に出発するというのです。そして「開花」は彼の得意とする花がテーマとなった曲。花が開くときに必要とする莫大なエネルギーを生きる力に変換するという繊細で遠大なる作業…これについての考察です。そして「循環する海」。こちらは水の姿の変容を音に映したものであり、「海を出発してまた海へと還る」というひたすら永遠に繰り返される現象が言葉を介さず、音だけで描かれていきます。聴き手はこのアルバムで、たくさんのことを考えることができるでしょう。作曲者本人による詳細な解説が付いています。
レビュアー: yasu 投稿日:2014/10/23
日本を代表する作曲家、細川俊夫氏の管弦楽作品集の第2集です。第1集に引き続き、指揮は準・メルクル。自身が母の胎内にいた時の記憶を音で表現した「夢を織る」、ホルン後奏曲「開花の時」や弦楽四重奏のための「沈黙の花」など、得意とする「花」をテーマとした「開花 II」、ザルツブルク音楽祭の委嘱により作曲された「循環する海」と、細川氏の緻密なオーケストレーションが堪能できる一枚です。10月新譜としてリリースされたばかりで、本日10月23日は氏の誕生日です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。