ホーム > アルバム > 8.573354 ラヴェル/フェルー/イベール:ジャンヌの扇/ラヴェル:マ・メール・ロワ(ロワール国立管/アクセルロッド)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573354
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
バレエ
作曲家
ジャック・イベール Jacques Ibert , ジョルジュ・オーリック Georges Auric , フローラン・シュミット Florent Schmitt , マルセル・ドラノワ Marcel Delannoy , フランシス・プーランク Francis Poulenc , ピエール=オクターヴ・フェルー Pierre-Octave Ferroud , ダリウス・ミヨー Darius Milhaud , モーリス・ラヴェル Maurice Ravel , アルベール・ルーセル Albert Roussel , アレクシス・ローラン=マヌエル (Roland Alexis Manuel) Roland-Manuel (Levy)
アーティスト
ジョン・アクセルロッド John Axelrod , フランス国立ロワール管弦楽団 Orchestre National des Pays de la Loire

ラヴェル/フェルー/イベール:ジャンヌの扇/ラヴェル:マ・メール・ロワ(ロワール国立管/アクセルロッド)

RAVEL, M. / FERROUD, P.-O. / IBERT, J. / etc.: Éventail de Jeanne (L') / RAVEL, M.: Ma Mère l'Oye (Orchestre National des Pays de la Loire, Axelrod)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573354

全トラック選択/解除

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
マ・メール・ロワ

Ma Mère l'Oye (Mother Goose)

録音: July and October 2012, Centre du Congrés, Nantes, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5066829
**:**
»  Prélude
1.

-

**:**
»  Tableau 1: Danse du rouet et Scène (Dance of the Spinning Wheel and Scene)
2.

-

**:**
»  Tableau 2: Pavane de la Belle au bois dormant (Pavane of Sleeping Beauty)
3.

-

**:**
»  Tableau 3: Les Entretiens de la Belle et de la Bête (Conversations between Beauty and the Beast)
4.

-

**:**
»  Tableau 4: Petit Poucet (Hop-o'-my-Thumb)
5.

-

**:**
»  Tableau 5: Laideronnette, impératrice des Pagodes (Little Ugly, Empress of the Pagodas)
6.

-

**:**
»  Tableau 6: Apothéose (Le Jardin féerique, The Fairy Garden)
7.

-

 
**:**
バレエ音楽「ジャンヌの扇」 - ファンファーレ
8.

L'Éventail de Jeanne (Jean's Fan): Fanfare

録音: July and October 2012, Centre du Congrés, Nantes, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5069821

ピエール=オクターヴ・フェルー - Pierre-Octave Ferroud (1900-1937)

**:**
バレエ音楽「ジャンヌの扇」 - 行進曲
9.

L'Éventail de Jeanne (Jean's Fan): Marche

録音: July and October 2012, Centre du Congrés, Nantes, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5069822

ジャック・イベール - Jacques Ibert (1890-1962)

**:**
バレエ音楽「ジャンヌの扇」 - ワルツ
10.

L'Éventail de Jeanne (Jean's Fan): Valse

録音: July and October 2012, Centre du Congrés, Nantes, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5069823

アレクシス・ローラン=マヌエル - (Roland Alexis Manuel) Roland-Manuel (Levy) (1891-1966)

**:**
バレエ音楽「ジャンヌの扇」 - キャナリー
11.

L'Éventail de Jeanne (Jean's Fan): Canarie

録音: July and October 2012, Centre du Congrés, Nantes, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5069824

マルセル・ドラノワ - Marcel Delannoy (1898-1962)

**:**
バレエ音楽「ジャンヌの扇」 - ブーレ
12.

L'Éventail de Jeanne (Jean's Fan): Bourrée

録音: July and October 2012, Centre du Congrés, Nantes, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5069825

アルベール・ルーセル - Albert Roussel (1869-1937)

**:**
バレエ音楽「ジャンヌの扇」 - サラバンド
13.

L'Éventail de Jeanne (Jean's Fan): Sarabande

録音: July and October 2012, Centre du Congrés, Nantes, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5069826

ダリウス・ミヨー - Darius Milhaud (1892-1974)

**:**
バレエ音楽「ジャンヌの扇」 - ポルカ Op. 95
14.

L'Éventail de Jeanne (Jean's Fan): Polka, Op. 95

録音: July and October 2012, Centre du Congrés, Nantes, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5069827

フランシス・プーランク - Francis Poulenc (1899-1963)

**:**
バレエ音楽「ジャンヌの扇」 - パストゥレイユ FP 45
15.

L'Éventail de Jeanne (Jean's Fan): Pastourelle, FP 45

録音: July and October 2012, Centre du Congrés, Nantes, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5069828

ジョルジュ・オーリック - Georges Auric (1899-1983)

**:**
バレエ音楽「ジャンヌの扇」 - ロンドー
16.

L'Éventail de Jeanne (Jean's Fan): Rondeau

録音: July and October 2012, Centre du Congrés, Nantes, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5069829

フローラン・シュミット - Florent Schmitt (1870-1958)

**:**
バレエ音楽「ジャンヌの扇」 - 慈善バザーのワルツ
17.

L'Éventail de Jeanne (Jean's Fan): Kermesse-Valse

録音: July and October 2012, Centre du Congrés, Nantes, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5069830
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/08/01
ラヴェル(1875-1937)のバレエ音楽《マ・メール・ロワ》。このタイトルはイギリスを中心に発祥した伝承童話「マザー・グース」のフランス語読みで、ラヴェルの友人の子供たちのために最初はピアノ連弾曲として作曲されました。ラヴェルは後に芸術劇場の支配人であったジャック・ルーシェの依頼により、この組曲をバレエ版に編曲。その際は曲順を入れ替え、また、前奏曲、間奏曲などいくつかの曲を付け加え、ラヴェルらしい色彩豊かなオーケストレーションを施し、実に見事な作品として生まれ変わらせました。とは言え、このアルバムで注目したいのは「ジャンヌの扇」。こちらは当時のサロン主宰者、マダム・ジャンヌ・デュボストの依頼作品で、当時フランスで活躍していた10人の作曲家たちが、彼女の扇の片面に収まるほどの短い曲を書き、これをつなぎ合わせた作品です。この組曲は1928年にロジェ・デゾルミエールの指揮によって私的に初演、その際にはジャンヌが運営するバレエ学校の子供たちが、マリー・ローランサンの衣装を着けて踊ったのだそうです。その翌年にはオペラ座で一般公開されました。その時の主役は10歳のタマラ・トゥマノワで、彼女は以降、パリのバレエ界のみならず、映画界でも活躍、世界的な知名度を得たことでも知られています。10人の作曲家の作品はとても個性豊かで、時にはストラヴィンスキーの影響も感じさせる楽しい曲が揃っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。