ホーム > アルバム > 8.573374 ヴィヴァルディ:2つのチェロのための協奏曲集(編曲:J. ロイド=ウェバー)(ジュリアン&ジアシン ・ロイド=ウェバー/ヨーロッパ連合室内管/ホフマン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573374
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
アントニオ・ヴィヴァルディ Antonio Vivaldi , アストル・ピアソラ Astor Piazzolla
編曲者
ジュリアン・ロイド・ウェバー Julian Lloyd Webber
アーティスト
ジュリアン・ロイド・ウェバー Julian Lloyd Webber , ハンス=ペーター・ホフマン Hans-Peter Hofmann , ヨーロッパ連合室内管弦楽団 European Union Chamber Orchestra , ジアシン ・ロイド・ウェバー Jiaxin Lloyd Webber

ヴィヴァルディ:2つのチェロのための協奏曲集(編曲:J. ロイド=ウェバー)(ジュリアン&ジアシン ・ロイド=ウェバー/ヨーロッパ連合室内管/ホフマン)

VIVALDI, A.: Concertos for 2 Cellos (arr. J. Lloyd Webber) (Julian and Jiaxin Lloyd Webber, European Union Chamber Orchestra, Hofmann)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573374

全トラック選択/解除

アントニオ・ヴィヴァルディ - Antonio Vivaldi (1678-1741)

**:**
2つのマンドリンのための協奏曲 ト長調 RV 532 (J. ロイド=ウェバーによる2つのチェロと管弦楽編)

Concerto for 2 Mandolins in G Major, RV 532 (arr. J. Lloyd Webber for 2 cellos and orchestra)

録音: July 2013, St. George's, Brandon Hill, Bristol, England, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3766145
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Andante
2.

-

**:**
»  III. Allegro
3.

-

 
**:**
2つのチェロのための協奏曲 ト短調 RV 531

Concerto for 2 Cellos in G Minor, RV 531

録音: July 2013, St. George's, Brandon Hill, Bristol, England, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3790342
**:**
»  I. Allegro
4.

-

**:**
»  II. Largo
5.

-

**:**
»  III. Allegro
6.

-

 
**:**
チェロ協奏曲 ホ短調 RV 409 (J. ロイド=ウェバーによる2つのチェロと管弦楽編)

Cello Concerto in E Minor, RV 409 (arr. J. Lloyd Webber for 2 cellos and orchestra)

録音: July 2013, St. George's, Brandon Hill, Bristol, England, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3790343
**:**
»  I. Adagio - Allegro
7.

-

**:**
»  II. Allegro
8.

-

**:**
»  III. Allegro
9.

-

 
**:**
オーボエとファゴットのための協奏曲 ト長調 RV 545 (J. ロイド=ウェバーによる2つのチェロと管弦楽編)

Concerto for Oboe and Bassoon in G Major, RV 545 (arr. J. Lloyd Webber for 2 cellos and orchestra)

録音: July 2013, St. George's, Brandon Hill, Bristol, England, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3790344
**:**
»  I. Andante molto
10.

-

**:**
»  II. Largo
11.

-

**:**
»  III. Allegro molto
12.

-

 
**:**
2つのホルンのための協奏曲 ヘ長調 RV 539 (J. ロイド=ウェバーによる2つのチェロと管弦楽編)

Concerto for 2 Horns in F Major, RV 539 (arr. J. Lloyd Webber for 2 cellos and orchestra)

録音: July 2013, St. George's, Brandon Hill, Bristol, England, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3790345
**:**
»  I. Allegro
13.

-

**:**
»  II. Larghetto
14.

-

**:**
»  III. Allegro
15.

-

 
**:**
オーボエとチェロ ト短調 RV 812のための協奏曲(J. ロイド=ウェバーによる2つのチェロと管弦楽編)

Concerto for Oboe and Cello in G Minor, RV 812 (arr. J. Lloyd Webber for 2 cellos and orchestra)

録音: July 2013, St. George's, Brandon Hill, Bristol, England, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3790346
**:**
»  I. Allegro
16.

-

**:**
»  II. Largo cantabile
17.

-

**:**
»  III. Allegro cantabile
18.

-

アストル・ピアソラ - Astor Piazzolla (1921-1992)

**:**
ギターとバンドネオンのための協奏曲 「リエージュに捧ぐ」 - 第2楽章 ミロンガ(J. ロイド=ウェバーによる2つのチェロと管弦楽編)
19.

Concerto for Guitar and Bandoneon, "Hommage a Liege": II. Milonga (arr. J. Lloyd Webber for 2 cellos and orchestra)

録音: July 2013, St. George's, Brandon Hill, Bristol, England, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3790347
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/09/01
ヴィヴァルディ(1678-1741)の作品を最初にアレンジした人は、紛れもなくヴィヴァルディ自身でした。彼は一つの作品を書くと、色々な楽器に合わせて曲を書き換え、スコアには代替の楽器名を書き付けました。その後、ヴィヴァルディの作品はJ.S.バッハも編曲していますが、このアルバムは現代の名チェリスト&アレンジャー、ジュリアン・ロイド=ウェバーが、ヴィヴァルディの様々な楽器のための協奏曲を2台チェロ版に編曲、実験的でもあり実践的な"新しい協奏曲"が生み出されました。ト短調の協奏曲だけはヴィヴァルディのオリジナルを使用。聴き比べてみることで多くの発見があることでしょう。RV409の独奏チェロのための協奏曲などは、ソロ・パートの増強で一層華やかさが増し、流麗で美しい作品になっていることにもお気づきになることと思います。ホルンのための協奏曲も、チェロの深みのある音色で奏されると、ここまで表情が変わるのかと驚くばかりです。最後にそっと置かれたピアソラの曲は、聴き手の心を、バロックの時代から瞬時に現代へと引き寄せるもの。魅力的で明確な印象を与える素晴らしい演奏にも拍手です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。