ホーム > アルバム > 8.573411 サン=サーンス:ヴァイオリンと管弦楽のための作品集(楊天堝/シュヴァーベ/マルメ響/スーストロ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573411
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, 協奏曲
作曲家
カミーユ・サン=サーンス Camille Saint-Saëns
アーティスト
ガブリエル・シュヴァーベ Gabriel Schwabe , マルク・スーストロ Marc Soustrot , 楊天堝(ティアンワ・ヤン) Tianwa Yang , マルメ交響楽団 Malmö Symphony Orchestra

サン=サーンス:ヴァイオリンと管弦楽のための作品集(楊天堝/シュヴァーベ/マルメ響/スーストロ)

SAINT-SAËNS, C.: Violin and Orchestra Works (Tianwa Yang, Schwabe, Malmö Symphony, Soustrot)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573411

全トラック選択/解除

カミーユ・サン=サーンス - Camille Saint-Saëns (1835-1921)

**:**
アンダルシア奇想曲 Op. 122
1.

Caprice andalous, Op. 122

録音: 11-14 August 2014, Malmö Konserthus, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6009186
 
**:**
ロマンス ハ長調 Op. 48
2.

Romance in C Major, Op. 48

録音: 11-14 August 2014, Malmö Konserthus, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6009187
 
**:**
ミューズと詩人たち Op. 132
3.

La Muse et le Poète, Op. 132

録音: 8 August 2016, Malmö Live Konserthus, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6009188
 
**:**
演奏会用小品 ト長調 Op. 62
4.

Morceau de concert in G Major, Op. 62

録音: 11-14 August 2014, Malmö Konserthus, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6009189
 
**:**
ハバネラ(アヴァネーズ) Op. 83
5.

Havanaise in E Major, Op. 83

録音: 11-14 August 2014, Malmö Konserthus, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6009190
 
**:**
ロマンス 変ニ長調 Op. 37 (ヴァイオリンと管弦楽版)
6.

Romance in D-Flat Major, Op. 37 (version for violin and orchestra)

録音: 8 August 2016, Malmö Live Konserthus, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6009191
 
**:**
序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調 Op. 28
7.

Introduction et Rondo capriccioso in A Minor, Op. 28

録音: 11-14 August 2014, Malmö Konserthus, Sweden
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6009192
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/09/01
サラサーテのヴァイオリン作品全集のレコーディングが高く評価されたティアンワ・ヤン。彼女の類い稀なるテクニックと「スペイン音楽に対する強い共感」は、このサン=サーンスでも遺憾なく発揮されています。「序奏とロンド・カプリチョーソ」や「アンダルーサ奇想曲」でも物憂げな気分と情熱的な気分をくっきり描き分け、極めてコントラストの強い表現を見せています。また「ロマンス」での甘い響き、即興的な「演奏会用小品」など、どの曲でも鮮烈な印象を残します。サン=サーンスの円熟期の作品「ミューズと詩人」で共演しているのは、最近人気急上昇中の若きチェリスト、シュヴァーベ。2人の対話は美しさの極みです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。