ホーム > アルバム > 8.573414 ワーグナー:演奏会用序曲集/ジークフリート牧歌(ライプツィヒMDR響/メルクル)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573414
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
リヒャルト・ワーグナー Richard Wagner
アーティスト
準・メルクル Jun Märkl , ライプツィヒMDR交響楽団 Leipzig MDR Symphony Orchestra

ワーグナー:演奏会用序曲集/ジークフリート牧歌(ライプツィヒMDR響/メルクル)

WAGNER, R.: Concert Overtures / Siegfried Idyll (Leipzig MDR Symphony, Märkl)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573414

全トラック選択/解除

リヒャルト・ワーグナー - Richard Wagner (1813-1883)

**:**
歌劇「妖精」 - 序曲
1.

Die Feen, Act I: Overture

録音: 16-17 January 2012, MDR Studio Augustusplatz, Leipzig, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5772994
 
**:**
歌劇「恋愛禁制」 - 序曲
2.

Das Liebesverbot, Act I: Overture

録音: 16-17 January 2012, MDR Studio Augustusplatz, Leipzig, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5772995
 
**:**
アーペルの劇「クリストフ・コロンブス」 - 序曲
3.

Columbus: Overture

録音: 8-9 December 2011, MDR Studio Augustusplatz, Leipzig, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5772996
 
**:**
「エンツィオ王」 - 序曲
4.

König Enzio: Overture

録音: 8-9 December 2011, MDR Studio Augustusplatz, Leipzig, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5772997
 
**:**
演奏会用序曲第2番 ハ長調
5.

Concert Overture No. 2 in C Major

録音: 8-9 December 2011, MDR Studio Augustusplatz, Leipzig, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5772998
 
**:**
演奏会用序曲第1番 ニ短調
6.

Concert Overture No. 1 in D Minor

録音: 8-9 December 2011, MDR Studio Augustusplatz, Leipzig, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5772999
 
**:**
ジークフリート牧歌 Op. 103
7.

Siegfried Idyll

録音: 19 January 2012, MDR Studio Augustusplatz, Leipzig, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5773000
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/07/01
19世紀のドイツ文化に多大な影響を与え、現在でも人気が全く衰えることのない音楽を書いたワーグナー。彼は少年の頃から文学と音楽の才能に溢れていました。しかし、最初から壮大な歌劇を書いていたわけではなく、10代の頃はピアノ曲を書き、やがて、ここで聴けるようなベートーヴェンやウェーバー風の序曲を何曲か作曲することで、自身の腕を磨きました。この頃は交響曲作曲家を目指していたとも言われていますが、やはり彼の本分は劇音楽にあり、1834年に恋仲になったミンナが所属する劇団のために《恋愛禁制》を作曲、その後は《リエンツィ》《さまよえるオランダ人》と本格的な歌劇に手を染めることになります。このアルバムには10代の頃の習作であるいくつかの序曲(ヴェルディ風でありながらも、ところどころワーグナーらしさもある)と、1870年、円熟期にあったワーグナーが妻コジマの誕生日プレゼントとして用意した「ジークフリート牧歌」を収録。大作曲家の青春の息吹をたっぷりと味わえます。/

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。