ホーム > アルバム > 8.573453 マグナソン/ハドキンソン/オグレン/マルティネス・カレゴ:吹奏楽作品集(イリノイ州立大学ウィンド・シンフォニー/セゲルケ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573453
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
吹奏楽
作曲家
ジェイス・ジョン・オグレン Jayce John Ogren , シドニー・ハドキンソン Sydney Hodkinson , ロイ・デイヴィッド・マグナソン Roy David Magnuson , フランシスコ・ホセ・マルティネス・カレゴ Francisco Jose Martinez Gallego
作詞家
スティーブン・ミッチェル Stephen Mitchell , ライナー・マリア・リルケ Rainer Maria Rilke
アーティスト
イリノイ州立大学ウィンド・シンフォニー Illinois State University Wind Symphony , マーティン・K・セゲルケ Martin H. Seggelke , アリス・ヘッカー Allyss Haecker

マグナソン/ハドキンソン/オグレン/マルティネス・カレゴ:吹奏楽作品集(イリノイ州立大学ウィンド・シンフォニー/セゲルケ)

Wind Band Music - MAGNUSON, R.D. / HODKINSON, S. / OGREN, J. / MARTÍNEZ GALLEGO, F.J. (Monuments) (Illinois State University Wind Symphony, Seggelke)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573453

全トラック選択/解除

ロイ・デイヴィッド・マグナソン - Roy David Magnuson (1983-)

**:**
ハウス・プランツ・イン・テラコッタ・ポッツ
1.

House Plants in Terracotta Pots

録音: 21-23 November 2014, Center for the Performing Arts, Illinois State University, Normal, Illinois, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4410848

シドニー・ハドキンソン - Sydney Hodkinson (1934-)

**:**
2つの小カンタータ

Duae Cantatae Breves

録音: 21-23 November 2014, Center for the Performing Arts, Illinois State University, Normal, Illinois, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4410849
**:**
»  I. Grave - Dedamando - Placido
2.

-

**:**
»  II. Adagio - Con Grandezza - Calmo - Lento
3.

-

ジェイス・ジョン・オグレン - Jayce John Ogren (1979-)

**:**
夕べの音楽
4.

Evening Music

録音: 21-23 November 2014, Center for the Performing Arts, Illinois State University, Normal, Illinois, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4410850

フランシスコ・ホセ・マルティネス・カレゴ - Francisco Jose Martinez Gallego (1969-)

**:**
シンフォニア第1番 「カプレカ」
5.

Sinfonia No. 1, "Kaprekar"

録音: 21-23 November 2014, Center for the Performing Arts, Illinois State University, Normal, Illinois, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4410851
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/11/01
全て世界初録音。イリノイ州立ウィンド・シンフォニーによる「新しい吹奏楽」作品集をお楽しみください。最初のマグナソンの作品は、家の中に置かれる植物のように、単純で美しく、そして生活の潤いとなるような音楽です。ピアノの清冽な響きと鐘の音など、様々な要素が入り組んで不思議な風景を作り上げています。次のハドキンソンのカンタータはストラヴィンスキーの作品からインスピレーションを受けたもので、作曲家自身の個人的な思い出とジェズアルドのマドリガルの一節が織り込まれた印象的な作品です。オグレンの「夕べの音楽」は神秘的な美しさを持っています。最後のガレゴの作品は、インドの数学者カプレカの定義に基づき書かれているとされますが、これがなかなか難解であり、色々と考えているうちに音の波に揉まれてしまうこと間違いありません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。