ホーム > アルバム > 8.573460 R. シュトラウス:組曲「町人貴族」/歌劇「ナクソス島のアリアドネ」交響組曲(バッファロー・フィル/ファレッタ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573460
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss
編曲者
D・ウィルソン・オチョア D. Wilson Ochoa
アーティスト
バッファロー・フィルハーモニー管弦楽団 Buffalo Philharmonic Orchestra , ジョアン・ファレッタ JoAnn Falletta

R. シュトラウス:組曲「町人貴族」/歌劇「ナクソス島のアリアドネ」交響組曲(バッファロー・フィル/ファレッタ)

STRAUSS, R.: Bourgeois Gentilhomme Suite (Le) / Ariadne auf Naxos Symphony-Suite (Buffalo Philharmonic, Falletta)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573460

全トラック選択/解除

リヒャルト・シュトラウス - Richard Strauss (1864-1949)

**:**
組曲「町人貴族」 Op. 60, TrV 228c

Le Bourgeois Gentilhomme (Der Bürger als Edelmann) Suite, Op. 60, TrV 228c

録音: 3 November 2014, Kleinhans Music Hall, Buffalo, New York, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5401731
**:**
»  I. Act I: Ouvertüre - Auftritt des Jourdain
1.

-

**:**
»  II. Menuett
2.

-

**:**
»  III. Der Fechtmeister
3.

-

**:**
»  IV. Auftritt und Tanz der Schneider
4.

-

**:**
»  V. Das Menuett des Lully
5.

-

**:**
»  VI. Courante
6.

-

**:**
»  VII. Auftritt des Cléonte
7.

-

**:**
»  VIII. Act II: Prelude (Intermezzo)
8.

-

**:**
»  IX. Das Diner: Tafelmusik und Tanz des Küchenjungen
9.

-

 
**:**
歌劇「ナクソス島のアリアドネ」交響組曲(D.W. オチョアによる管弦楽編)

Ariadne auf Naxos Symphony-Suite (arr. D.W. Ochoa for orchestra)

録音: 20 March 2016, Kleingans Music Hall, Buffalo, New York, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5402025
**:**
»  I. Prologue (Overture to the Prologue)
10.

-

**:**
»  II. Duet: Ein Augenblick ist wenig, ein Blick is viel
11.

-

**:**
»  III. Waltz: Eine Störrische zu trösten
12.

-

**:**
»  IV. Overture, "The Opera Overture" - Ein Schönes War
13.

-

**:**
»  V. Aria: Es gibt ein Reich
14.

-

**:**
»  VI. Interlude
15.

-

**:**
»  VII. Finale: Gibt es kein Hinüber?
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/12/01
1900年代初頭からコンビを組んだリヒャルト・シュトラウスとホフマンスタールの2人は《エレクトラ》《ばらの騎士》と次々と成功作を世に送り出しました。彼らが次に手掛けたのは、17世紀の劇作家モリエールの《町人貴族》でした。ホフマンスタールは最初《町人貴族》の物語の劇中劇として《ナクソス島のアリアドネ》を組み込み、1912年に上演したのですが、長すぎたせいか大失敗。そこで、彼らはこの《アリアドネ》を独立させ、別の作品として発表。《町人貴族》はオペラではなく劇として再編し、シュトラウスの書いた付随音楽はそのまま残し、新たな曲を加えて1917年に完成をみています。そのためシュトラウスの作品番号にはOp.60が2つ存在しています。このアルバムでは《町人貴族》は組曲版、《アリアドネ》は2010年にオチョアによって編纂された「交響的組曲」が演奏されています。ユーモアの風味はそのままに、贅沢な味付けで生まれ変わった名作をファレッタの指揮でお楽しみください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。