ホーム > アルバム > 8.573475 金管七重奏のための音楽集 3 - ショスタコーヴィチ/プロコフィエフ/スクリャービン/ラフマニノフ(セプトゥーラ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573475
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ドミートリー・ショスタコーヴィチ Dmitry Shostakovich , アレクサンドル・スクリャービン Alexander Scriabin , セルゲイ・プロコフィエフ Sergey Prokofiev , セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
編曲者
サイモン・コックス Simon Cox , マシュー・ナイト Matthew Knight
アーティスト
セプトゥーラ Septura

金管七重奏のための音楽集 3 - ショスタコーヴィチ/プロコフィエフ/スクリャービン/ラフマニノフ(セプトゥーラ)

Brass Septet Music, Vol. 3 - SHOSTAKOVICH, D. / PROKOFIEV, S. / SCRIABIN, A. / RACHMANINOV, S. (Septura)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573475

全トラック選択/解除

ドミートリー・ショスタコーヴィチ - Dmitry Shostakovich (1906-1975)

**:**
弦楽四重奏曲第8番 ハ短調 Op. 110 (S. コックス、M. ナイトによる金管七重奏編)

String Quartet No. 8 in C Minor, Op. 110 (arr. S. Cox and M. Knight for brass septet)

録音: 5-7 December 2014, St Paul's Church, New Southgate, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4415144
**:**
»  I. Largo
1.

-

**:**
»  II. Allegro molto
2.

-

**:**
»  III. Allegretto
3.

-

**:**
»  IV. Largo
4.

-

**:**
»  V. Largo
5.

-

セルゲイ・プロコフィエフ - Sergey Prokofiev (1891-1953)

**:**
10の小品 Op. 12 (抜粋)(S. コックスによる金管七重奏編)

10 Pieces, Op. 12 (arr. S. Cox for brass septet) (excerpts)

録音: 5-7 December 2014, St Paul's Church, New Southgate, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4415145
**:**
»  No. 1. Marche
6.

-

**:**
»  No. 2. Gavotte
7.

-

**:**
»  No. 9. Scherzo humoristique
8.

-

**:**
»  No. 8. Allemande
9.

-

 
**:**
組曲「3つのオレンジへ恋」 Op. 33 Op. 33bis - 第2曲 行進曲(S. コックスによる金管七重奏編)
10.

March and Scherzo from The Love for Three Oranges, Op. 33ter: II. March: Tempo di Marcia (arr. S. Cox for brass septet)

録音: 5-7 December 2014, St Paul's Church, New Southgate, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4415146

アレクサンドル・スクリャービン - Alexander Scriabin (1872-1915)

**:**
6つの前奏曲 Op. 13 - 第1番 ハ長調(マエストーソ)(M. ナイトによる金管七重奏編)
11.

6 Preludes, Op. 13: No. 1 in C Major: Maestoso (arr. M. Knight for brass septet)

録音: 5-7 December 2014, St Paul's Church, New Southgate, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4415147
 
**:**
3つの前奏曲 Op. 35 - 第3番 ハ長調(スケルツォ)(M. ナイトによる金管七重奏編)
12.

3 Preludes, Op. 35: No. 3 in C Major: Scherzoso (arr. M. Knight for brass septet)

録音: 5-7 December 2014, St Paul's Church, New Southgate, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4415148
 
**:**
4つの前奏曲 Op. 31 (抜粋)(M. ナイトによる金管七重奏編)

4 Preludes, Op. 31 (arr. M. Knight for brass septet) (excerpts)

録音: 5-7 December 2014, St Paul's Church, New Southgate, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4415149
**:**
»  No. 4 in A-Flat: Lento
13.

-

**:**
»  No. 2 in F-Sharp Minor: Con stravaganza
14.

-

 
**:**
5つの前奏曲 Op. 16 - 第4番 変ホ長調(レント)(M. ナイトによる金管七重奏編)
15.

5 Preludes, Op. 16: No. 4 in E-Flat Minor: Lento (arr. M. Knight for brass septet)

録音: 5-7 December 2014, St Paul's Church, New Southgate, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4415150
 
**:**
24の前奏曲 Op. 11 - 第6番 ロ短調(アレグロ)(M. ナイトによる金管七重奏編)
16.

24 Preludes, Op. 11: No. 6 in B Minor: Allegro (arr. M. Knight for brass septet)

録音: 5-7 December 2014, St Paul's Church, New Southgate, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4415151

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
14の歌 Op. 34 - 第14曲 ヴォカリーズ ホ短調(S. コックスによる金管七重奏編)
17.

14 Songs, Op. 34: No. 14. Vocalise in E Minor (arr. S. Cox for brass septet)

録音: 5-7 December 2014, St Paul's Church, New Southgate, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4415152
 
**:**
6つの二重奏曲 Op. 11 (抜粋)(S. コックスによる金管七重奏編)

6 Duets, Op. 11 (arr. S. Cox for brass septet) (excerpts)

録音: 5-7 December 2014, St Paul's Church, New Southgate, London, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4415153
**:**
»  No. 3. Russian theme
18.

-

**:**
»  No. 2. Scherzo
19.

-

**:**
»  No. 5. Romance
20.

-

**:**
»  No. 6. Slava! (Glory)
21.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/11/01
第1集ではメンデルスゾーンやシューマンなどロマン派の作品、そして第2集ではバロック・オペラの名曲の数々を新たな装いで聴かせた金管アンサンブル「セプトゥーラ」。第3集ではなんとロシアの作品集に挑戦です。冒頭のショスタコーヴィチから炸裂するお馴染みの音形「D-S(Es)-C-H」が何とも印象的で、本来なら皮肉と哀しみに彩られているはずのこの作品が、何となく華やかに聴こえるのが面白いところです。他にはプロコフィエフの初期の作品や、スクリャービンの先鋭的な作品と、ラフマニノフの憂鬱な感情を讃えた作品など、今回のアルバムにおいての彼らは、これまでよりも更に豊かな響きを追求しているようです。もちろん編曲も見事で、まるでこれらの作品がオリジナルであるかのような存在感を放っています。「セプトゥーラ」のメンバーは、ロンドン交響楽団、フィルハーモニア管弦楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団、BBC交響楽団、バーミンガム市交響楽団、スコットランド歌劇場、オーロラ・オーケストラで活躍する若手金管奏者たちによって構成されています。この見事なアンサンブルには感嘆するほかありません。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。