ホーム > アルバム > 8.573513 モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番, 第4番, 第5番「トルコ風」(クラッゲルード/ノルウェー室内管)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573513
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
ヘンニング・クラッゲルード Henning Kraggerud , ノルウェー室内管弦楽団 Norwegian Chamber Orchestra

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第3番, 第4番, 第5番「トルコ風」(クラッゲルード/ノルウェー室内管)

MOZART, W.A.: Violin Concertos Nos. 3, 4, 5 (Kraggerud, Norwegian Chamber Orchestra)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573513

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
ヴァイオリン協奏曲第3番 ト長調 K. 216

Violin Concerto No. 3 in G Major, K. 216

録音: 27-29 January 2015, Akershus Castle Church (Slottskirke), Oslo, Norway
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4781547
**:**
»  I. Allegro (cadenza by H. Kraggerud)
1.

-

**:**
»  II. Adagio (cadenza by H. Kraggerud)
2.

-

**:**
»  III. Rondeau: Allegro
3.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調 K. 218

Violin Concerto No. 4 in D Major, K. 218

録音: 27-29 January 2015, Akershus Castle Church (Slottskirke), Oslo, Norway
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4781548
**:**
»  I. Allegro (cadenza by H. Kraggerud)
4.

-

**:**
»  II. Andante cantabile (cadenza by H. Kraggerud)
5.

-

**:**
»  III. Rondo: Andante grazioso - Allegro ma non troppo
6.

-

 
**:**
ヴァイオリン協奏曲第5番 イ長調「トルコ風」 K. 219

Violin Concerto No. 5 in A Major, K. 219, "Turkish"

録音: 27-29 January 2015, Akershus Castle Church (Slottskirke), Oslo, Norway
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4781549
**:**
»  I. Allegro aperto (cadenza by H. Kraggerud)
7.

-

**:**
»  II. Adagio (cadenza by H. Kraggerud)
8.

-

**:**
»  III. Rondeau: Tempo di Menuetto
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/04/01
ノルウェーに現れたヴァイオリン界の俊英、ヘンニング・クラッゲルード。2003年録音のシンディングとシベリウスのヴァイオリン協奏曲で鮮烈な印象を残す彼は、それ以降もシンディングやグリーグなどの北欧ヴァイオリン作品や、イザイ、シュポアといった高い技術を要求される作品を次々とリリースし、国際的な評価を受けています。また作曲家、編曲家としても才能を発揮、そして最近はクラシックだけに留まらず、ジャズ・アーティストとコラボしたりとマルチな活躍をみせています。そんなクラッゲルードが今回取り組んだのはモーツァルト(1756-1791)の3つの協奏曲。彼のヴァイオリン協奏曲の中で最初に成功したと言われる第3番、勇壮な主題で知られる第4番、終楽章にトルコ風の楽想が用いられているため「トルコ風」と呼ばれる第5番と、どれも人気の高い作品です。どの作品にもカデンツァが置かれていて、奏者の腕の見せ所となっていますが、クラッゲルードはもちろん自作を演奏。変幻自在な彼の楽想の迸りをぜひ聞いてみてください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。