ホーム > アルバム > 8.573536 マーラー:大地の歌/さすらう若人の歌(編曲:A. シェーンベルク)(プラッツ/レイド/ウィリアムズ/ファレッタ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573536
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
作詞家
ハンス・ベートゲ Hans Bethge , グスタフ・マーラー Gustav Mahler
編曲者
アルノルト・シェーンベルク Arnold Schoenberg
アーティスト
アタッカ四重奏団 Attacca Quartet , ヴァージニア・アーツ・フェスティバル・チェンバー・プレイヤーズ Virginia Arts Festival Chamber Players , ロードリック・ウィリアムズ Roderick Williams , ジョアン・ファレッタ JoAnn Falletta , スーザン・プラッツ Susan Platts , チャールズ・リード Charles Reid

マーラー:大地の歌/さすらう若人の歌(編曲:A. シェーンベルク)(プラッツ/レイド/ウィリアムズ/ファレッタ)

MAHLER, G.: Lied von der Erde (Das) / Lieder eines fahrenden Gesellen (arr. A. Schoenberg) (Platts, Reid, Williams, Falletta)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573536

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
さすらう若人の歌(A. シェーンヘルによる声楽と管弦楽編)

Lieder eines fahrenden Gesellen (Songs of a Wayfarer) (arr. A. Schoenberg for voice and ensemble)

録音: 6 May 2015, Robin Hixon Theater, Clay and Jay Barr Education Center, Virginia Arts Festival, Norfolk, Virginia, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5023793
**:**
»  No. 1. Wenn mein Schatz Hochzeit macht (When My Sweetheart is Married)
1.

-

**:**
»  No. 2. Ging heut' Morgen übers Feld (I Went This Morning Over the Field)
2.

-

**:**
»  No. 3. Ich hab' ein glühend Messer (I Have a Gleaming Knife)
3.

-

**:**
»  No. 4. Die zwei blauen Augen von meinem Schatz (The Two Blue Eyes of my Beloved)
4.

-

 
**:**
大地の歌 (A. シェーンベルクによる室内楽編)

Das Lied von der Erde (The Song of the Earth) (arr. A. Schoenberg for voice and ensemble)

録音: 6 May 2015, Robin Hixon Theater, Clay and Jay Barr Education Center, Virginia Arts Festival, Norfolk, Virginia, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5023794
**:**
»  I. Das Trinklied vom Jammer der Erde (The Drinking Song of the Earth's Sorrow)
5.

-

**:**
»  II. Der Einsame im Herbst (The Lonely One in Autumn)
6.

-

**:**
»  III. Von der Jugend (Of Youth)
7.

-

**:**
»  IV. Von der Schönheit (Of Beauty)
8.

-

**:**
»  V. Der Trunkene im Frühling (The Drunkard in Spring)
9.

-

**:**
»  VI. Der Abschied (The Farewell)
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/08/01
1918年の秋、シェーンベルクはウィーンで「私的演奏協会」を立ち上げました。それは当時の"現代音楽"を人々にきちんと広めることを目的とし、入念なリハーサルを行い、工夫を凝らしたプログラムを週1回演奏するというもの。ここでは立ち上げの翌年から1921年、インフレのために活動停止を余儀なくされるまでの3年間に、117回のコンサー卜が行われ、154もの作品が演奏されたのです。ただし、交響曲や管弦楽などの大規模な編成を必要とする曲は、資金面などの様々な理由でそのままの形ではなく、シェーンベルクと彼の弟子たちによって、小さな編成に編曲が施されて演奏されました。このアルバムに収録された2つの作品はどちらもシェーンベルク自身の編曲によるもの。若きシェーンベルクが敬愛していたマーラーの作品が瑞々しく、また透明感溢れるアンサンブルに生まれ変っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。