ホーム > アルバム > 8.573545 ラヴェル:管弦楽作品集 4 - ダフニスとクロエ/海原の小舟(スピリート/フランス国立リヨン管/スラットキン)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573545
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲, バレエ
作曲家
モーリス・ラヴェル Maurice Ravel
アーティスト
スピリート Spirito , レナード・スラットキン Leonard Slatkin , フランス国立リヨン管弦楽団 Lyon National Orchestra

ラヴェル:管弦楽作品集 4 - ダフニスとクロエ/海原の小舟(スピリート/フランス国立リヨン管/スラットキン)

RAVEL, M.: Orchestral Works, Vol. 4 - Daphnis et Chloé / Une barque sur l'océan (Spirito, Lyon National Orchestra, Slatkin)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573545

全トラック選択/解除

モーリス・ラヴェル - Maurice Ravel (1875-1937)

**:**
ダフニスとクロエ

Daphnis et Chloé

録音: 10-13 June 2015, Auditorium de Lyon, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5344019
**:**
»  Part I: Introduction
1.

-

**:**
»  Part I: Danse religieuse
2.

-

**:**
»  Part I: Danse des jeunes filles - Danse des jeunes gens - Danse générale
3.

-

**:**
»  Part I: Daphnis s'approche
4.

-

**:**
»  Part I: Danse grotesque de Dorcon
5.

-

**:**
»  Part I: Danse légère et gracieuse de Daphnis
6.

-

**:**
»  Part I: Danse de Lyceion - Enlèvement de Chloé
7.

-

**:**
»  Part I: Nocturne
8.

-

**:**
»  Part I: Danse lente et mystérieuse des Nymphes
9.

-

**:**
»  Part II: Interlude
10.

-

**:**
»  Part II: Danse guerrière
11.

-

**:**
»  Part II: Danse suppliante de Chloé
12.

-

**:**
»  Part III: Lever du jour
13.

-

**:**
»  Part III: Pantomime
14.

-

**:**
»  Part III: Danse générale
15.

-

 
**:**
鏡 - 第3曲 海原の小舟(管弦楽版)
16.

Miroirs: No. 3. Une barque sur l'océan (version for orchestra)

録音: 6 September 2011, Auditorium de Lyon, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5344020
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2016/11/01
1909年、セルゲイ・ディアギレフ主宰の“バレエ・リュス”の依頼を受けてラヴェルが作曲したのが、レスボス島を舞台にした古典的なグレコローマン(ギリシャ・ローマ風の意味)のラヴ・ストーリーである「ダフニスとクロエ」です。ラヴェルはこの作品を「巨大な音楽のフレスコ画」と呼び、情熱的な音楽、色彩的な管弦楽法を用いて瑞々しい作品に仕立て上げました。この作品のアイデアは、バレエ団の振付師であったフォーキンからもたらされたものですが、上演の際、様々な案件でフォーキンとディアギレフが対立、そのまま決裂し、この作品自体も同時期に上演された「牧神の午後」でのニジンスキーのエロティックな所作によって起こったスキャンダルに隠れ、一時は表舞台から姿を消してしまったのです。しかし、その音楽はバレエがなくとも充分に聞き応えのあるもので、現在は、バレエとしてよりも、演奏会のプログラムとして多くの人に愛好されています。余白に収録された「海原の小舟」はピアノ曲からのラヴェル自身の編曲で、絶え間なく変化する海の気分を描写しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。