ホーム > アルバム > 8.573629 ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/練習曲集「音の絵」 Op. 33 (ギルトブルグ/ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管/プリエト)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573629
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
器楽曲, 協奏曲
作曲家
セルゲイ・ラフマニノフ Sergey Rachmaninov
アーティスト
ボリス・ギルトブルグ Boris Giltburg , カルロス・ミゲル・プリエト Carlos Miguel Prieto , ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団 Royal Scottish National Orchestra

ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番/練習曲集「音の絵」 Op. 33 (ギルトブルグ/ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管/プリエト)

RACHMANINOV, S.: Piano Concerto No. 2 / Études-tableaux, Op. 33 (Giltburg, Royal Scottish National Orchestra, Prieto)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573629

全トラック選択/解除

セルゲイ・ラフマニノフ - Sergey Rachmaninov (1873-1943)

**:**
ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 Op. 18

Piano Concerto No. 2 in C Minor, Op. 18

録音: 28 February - 1 March 2016, Glasgow Royal Concert Hall, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5768911
**:**
»  I. Moderato - Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio sostenuto
2.

-

**:**
»  III. Allegro scherzando
3.

-

 
**:**
練習曲集「音の絵」 Op. 33

Études-tableaux, Op. 33

録音: 14-15 June 2016, The Concert Hall, Wyastone Estate, Monmouth, Wales, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5859110
**:**
»  No. 1 in F Minor: Allegro non troppo
4.

-

**:**
»  No. 2 in C Major: Allegro
5.

-

**:**
»  No. 3 in C Minor: Grave
6.

-

**:**
»  No. 5 in D Minor: Moderato
7.

-

**:**
»  No. 6 in E-Flat Minor: Non allegro - Presto
8.

-

**:**
»  No. 7 in E-Flat Major: Allegro con fuoco
9.

-

**:**
»  No. 8 in G Minor: Moderato
10.

-

**:**
»  No. 9 in C-Sharp Minor: Grave
11.

-

 
**:**
クライスラー - 愛の悲しみ
12.

Kreisler - Liebesleid

録音: 14-15 June 2016, The Concert Hall, Wyastone Estate, Monmouth, Wales, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5859111
 
**:**
ベーア - 冗談ポルカ「笑う小娘」 Op. 303
13.

Behr - Lachtäubchen, "Polka de WR"

録音: 14-15 June 2016, The Concert Hall, Wyastone Estate, Monmouth, Wales, UK
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5859112
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/07/01
数あるピアノ協奏曲の中でも、最も人気が高く、またピアニストにとっても困難な壁である「ラフマニノフの第2番」。交響曲第1番の初演時における手痛い失敗を跳ね返した、ラフマニノフにとっての特別な作品です。/名手ギルトブルグにとってもこの作品は特別な存在であり、演奏する際には特別な心構えが必要だとブックレット(英文)で語っています。ブックレットによると、オープニングの鐘の音を思わせるピアノの重厚な和音、続く激流のようなアルペジョ。これらについてギルトブルグは熟考をめぐらし、一つ一つの音を大切に奏でている様子が理解できます。ギルトブルグは練習曲「音の絵」についても多くの考察をめぐらせており、その演奏で作品の持つ魅力を完璧に伝えることに成功しています。/ジャケットに使われている写真は、ギルトブルグ自身が撮影したサンクトペテルブルクの「血の上の救世主教会」。ラフマニノフの音楽を象徴する鐘の音を象徴する風景です。/

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。