ホーム > アルバム > 8.573648 ライタ:管弦楽作品集 6 (ペーチ響/パスケ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.573648
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ラースロー・ライタ László Lajtha
アーティスト
ニコラ・パスケ Nicolás Pasquet , ペーチ交響楽団 Pécs Symphony Orchestra

ライタ:管弦楽作品集 6 (ペーチ響/パスケ)

LAJTHA, L.: Orchestral Works, Vol. 6 (Pécs Symphony, Pasquet)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.573648

全トラック選択/解除

ラースロー・ライタ - László Lajtha (1892-1963)

**:**
交響曲第8番 Op. 66

Symphony No. 8, Op. 66

録音: October 1996, Ferenc Liszt Concert Hall, Pécs, Hungary
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5881395
**:**
»  I. Allègre et léger
1.

-

**:**
»  II. Lent et triste
2.

-

**:**
»  III. Très agité et toujours angoissé
3.

-

**:**
»  IV. Violent et tourmenté
4.

-

 
**:**
交響曲第9番 Op. 67

Symphony No. 9, Op. 67

録音: October 1996, Ferenc Liszt Concert Hall, Pécs, Hungary
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/5881396
**:**
»  I. [Vite]
5.

-

**:**
»  II. Lento
6.

-

**:**
»  III. Vite
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2017/07/01
1956年、ソビエトの抑圧に耐えかねたハンガリー国民たちが全国規模の反乱を起こしました。蜂起はすぐさまソ連軍によって鎮圧され、その際、多くの人民の命が失われ、生き残った市民たちは難民となり国外へ逃亡、苦しい時代へと突入します。蜂起の3年後に作曲されたライタの交響曲第8番は、彼としては珍しい4楽章形式で書かれており、終楽章の悲痛さは彼の妻をして「救いようのない悲劇」と評されるほどに辛い音楽になっています。それに引き換え、第9番は美しい旋律と、力強さを備えており、ライタの創作力が全く衰えていなかったことを証明する素晴らしい作品です。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。