ホーム > アルバム > 8.660021 レオンカヴァルロ:歌劇「道化師」

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660021
CD発売時期
1992年1月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ルッジェーロ・レオンカヴァルロ Ruggero Leoncavallo
作詞家
フレデリック・エドワード・ウェザリー Frederick Edward Weatherly , ルッジェーロ・レオンカヴァルロ Ruggero Leoncavallo
アーティスト
ミリアム・ガウチ Miriam Gauci , ボイエ・スコーフス Boje Skovhus , スロヴァキア・フィルハーモニー合唱団 Slovak Philharmonic Chorus , スロヴァキア放送交響楽団 Slovak Radio Symphony Orchestra , ミロスラフ・ドヴォルスキー Miroslav Dvorsky , エドゥアルト・トゥマジャン Eduard Tumagian , ニコラ・マルティヌッチ Nicola Martinucci , アレクサンダー・ラハバリ Alexander Rahbari

レオンカヴァルロ:歌劇「道化師」

LEONCAVALLO: Pagliacci

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.660021

全トラック選択/解除

ルッジェーロ・レオンカヴァルロ - Ruggero Leoncavallo (1857-1919)

**:**
歌劇「道化師」

Pagliacci

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/8071
**:**
»  Prologue
1.

-

**:**
»  Act I: Prologue: Si puo? Si puo? (Tonio)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Son qua! Son qua! Ritornano! (Villagers)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Un grande spettacolo a venti tre ore (Canio)
4.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Via di li! (Canio)
5.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Scene and Chorus of the Bells: I zampognari! (Villagers)
6.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Qual fiamma avea nel guardo! (Nedda)
7.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Ballatella: Hui! Hui! ... Stridono lassu (Nedda)
8.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Scena and Duet: Sei la? (Nedda and Tonio)
9.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Duet: Silio! a quest' ora (Nedda and Silvio)
10.

-

**:**
»  Act I Scene 3: E allor perch? (Silvio and Nedda)
11.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Scena and Finale: Cammina adagio! (Tonio and Canio)
12.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Aiutalo, Signor! (Nedda, Tonio and Canio)
13.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Arioso: Vesti la giubba (Canio)
14.

-

**:**
»  Act I Scene 3: Intermezzo
15.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Ohe! Ohe! (Villagers)
16.

-

**:**
»  Act II Scene 1: The Play (Tempo di Minuetto) - Pagliaccio, mio marito (Nedda, Columbina)
17.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Serenata: O Columbina (Beppe, Arlecchino)
18.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Scena comica: E dessa! (Tonio, Taddeo)
19.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Duet Arlecchino! (Nedda, Columbina and Beppe, Arlecchino)
20.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Scena and Duet (Finale): Versa il filtro (Beppe, Arlecchino, Nedda, Columbina and Canio, Pagliaccio)
21.

-

**:**
»  Act II Scene 2: No! Pagglioccio non son (Canio)
22.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Ah! No, per mia madre! (Nedda, Silvio, Beppe, Tonio, Canio and Villagers)
23.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
19世紀半ばの南イタリア、聖母被昇天の祝日(8月15日)。旅回りの芝居一座の座長で道化師のカニオは、旅に疲れ自由を求める妻で女優のネッダが村の青年シルヴィオに言い寄られているのを知る。妻に裏切られる道化芝居の中のネッダの台詞に逆上したカニオが、迫真の演技と勘違いする観客の前でネッダとシルヴィオを刺殺するまでの物語---ヴェルディ以降のイタリアを席巻したヴェリズモ(現実主義)に則ったオペラの魅力を、劇的な音楽作りを得意とする指揮者ラハバリが余すことなく描き出します。脇役のシルヴィオに人気急上昇のスコウフスを起用するなど配役も充実しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。