ホーム > アルバム > 8.660116-17 ベルリオーズ:「ファウストの劫罰」Op. 24

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660116-17
CD発売時期
2006年5月
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
合唱曲(世俗曲)
作曲家
エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz
作詞家
アルミール・ガンドニエール Almire Gandonniere , ジェラール・ド・ネルヴァル Gerard de Nerval , エクトル・ベルリオーズ Hector Berlioz
アーティスト
ジャン=クロード・カザドシュ Jean-Claude Casadesus , フィリップ・ジェラール Philippe Gérard , ルネ・シレール Rene Schirrer , スロヴァキア・フィルハーモニー合唱団 Slovak Philharmonic Choir , マリー=アンジュ・トドロヴィッチ Marie-Ange Todorovitch , マイケル・マイヤーズ Michael Myers , リール国立管弦楽団 Lille National Orchestra , Jan Rozehnal , Alain Vernhes

ベルリオーズ:「ファウストの劫罰」Op. 24

BERLIOZ: Damnation de Faust (La) (The Damnation of Faust)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.660116-17

全トラック選択/解除

Disc 1

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
ファウストの劫罰 Op. 24

La damnation de Faust (The Damnation of Faust), Op. 24

録音: 4 - 5 November 2003, L'Auditorium du Nouveau Siecle, Lille, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/114004
**:**
»  Part I Scene 1: Le vieil hiver a fait place (Faust)
1.

-

**:**
»  Part I Scene 2: Les bergers laissent leur troupeaux, "Peasants’ Dance" (Chorus, Faust)
2.

-

**:**
»  Part I Scene 3: Mais d’un eclat guerrier (Faust)
3.

-

**:**
»  Part I Scene 3: Hungarian March, "Rakoczy March"
4.

-

**:**
»  Part II Scene 4: Sans regrets j’ai quitte les riantes campagnes (Faust)
5.

-

**:**
»  Part II Scene 4: Easter Hymn: Christ vient de ressusciter! (Chorus, Faust)
6.

-

**:**
»  Part II Scene 4: Helas! Doux chants du ciel (Faust)
7.

-

**:**
»  Part II Scene 5: O pure emotion! (Mephistopheles, Faust)
8.

-

**:**
»  Part II Scene 6: A boire encor! (Chorus, Mephistopheles)
9.

-

**:**
»  Part II Scene 6: Oh! Qu’il fait bon! (Chorus, Brander)
10.

-

**:**
»  Part II Scene 6: Certain rat, dans une cuisine, "Brander’s Song" (Brander, Chorus)
11.

-

**:**
»  Part II Scene 6: Amen, amen, amen!, "Fugue on Brander’s Song" (Brander, Chorus)
12.

-

**:**
»  Part II Scene 6: Vrai dieu! Messieurs (Mephistopheles, Chorus)
13.

-

**:**
»  Part II Scene 6: Une puce gentille, "Mephistopheles Song" (Mephistopheles, Chorus)
14.

-

**:**
»  Part II Scene 6: Assez! Fuyons ces lieux (Faust)
15.

-

**:**
»  Part II Scene 7: Voici des roses (Mephistopheles)
16.

-

**:**
»  Part II Scene 7: Dors! Dors! Heureux Faust!, "Faust’s Dream" (Chorus of Gnomes and Sylphs, Mephistopheles, Faust)
17.

-

**:**
»  Part II Scene 7: Dance of the Sylphs
18.

-

**:**
»  Part II Scene 7: Margarita! Qu’ai-je vu? (Faust, Mephistopheles)
19.

-

**:**
»  Part II Scene 8: Finale: Villes entourees (Chorus of Soldiers and Students)
20.

-

Disc 2

エクトル・ベルリオーズ - Hector Berlioz (1803-1869)

**:**
ファウストの劫罰 Op. 24

La damnation de Faust (The Damnation of Faust), Op. 24

録音: 4 - 5 November 2003, L'Auditorium du Nouveau Siecle, Lille, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/114004
**:**
»  Part III Scene 9: Drums and Trumpets Play the Retreat
1.

-

**:**
»  Part III Scene 9: Merci, doux crepuscule!, "Faust’s Aria" (Faust)
2.

-

**:**
»  Part III Scene 10: Je l’entends! (Mephistopheles)
3.

-

**:**
»  Part III Scene 11: Que l’air est etouffant! (Marguerite)
4.

-

**:**
»  Part III Scene 11: Autrefois un roi de Thule, "The King of Thule" (Marguerite)
5.

-

**:**
»  Part III Scene 12: Evocation: Esprits des flammes inconstantes (Mephistopheles)
6.

-

**:**
»  Part III Scene 12: Minuet of the Wills-o’-the-Wisp
7.

-

**:**
»  Part III Scene 12: Maintenant, Chantons a cette belle (Mephistopheles)
8.

-

**:**
»  Part III Scene 12: Devant la maison, "Serenade of Mephistopheles", (Mephistopheles, Chorus of Wills-o’-the-Wisp)
9.

-

**:**
»  Part III Scene 13: Duet: Grand Dieu! Que vois-je! (Marguerite, Faust)
10.

-

**:**
»  Part III Scene 14: Trio and Chorus: Allons! Il est trop tard! (Mephistopheles, Marguerite, Faust)
11.

-

**:**
»  Part III Scene 14: Hola, mere Oppenheim (Chorus of Neighbours in the Street)
12.

-

**:**
»  Part IV Scene 15: Romance: D’amour l’ardente flamme (Marguerite)
13.

-

**:**
»  Part IV Scene 15: Au son des trompettes (Chorus of Soldiers, Marguerite)
14.

-

**:**
»  Part IV Scene 16: Nature immense, impenetrable, "Invocation to Nature" (Faust)
15.

-

**:**
»  Part IV Scene 17: Recitative and Chase: A la voute azuree (Mephistopheles, Faust)
16.

-

**:**
»  Part IV Scene 18: Dans mon coeur retentit sa voix, "The Ride to the Abyss" (Faust)
17.

-

**:**
»  Part IV Scene 19: Pandemonium: Irimiru Karabrao! (Chorus of the Damned and the Demons)
18.

-

**:**
»  Part IV Scene 19: Alors, l’Enfer se tut, "Epilogue on Earth" (Chorus)
19.

-

**:**
»  Part IV Scene 20: Laus! Laus! Hosanna! (Chorus)
20.

-

**:**
»  Part IV Scene 20: Remonte au ciel, "Margarita’s Glorification" (Chorus)
21.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: sunny 投稿日:2011/02/19
父の跡継ぎとして医者になるようパリに行ったのに、作曲を学び、今で言う美人芸能人に恋にし、見事に振られると、クスリにはまり,功成し遂げてからようやくモノにしましたが、現実は厳しく、あっさり生活崩壊。絵にかいたような、また、他人とは思えぬ放蕩人生ですが、後世に残る作品を残したちょっとアブナイ、或いは計算づくの才人、芸術家では、あります。このお話の悪魔に魂を売って、現世での快楽、悲哀を手に入れると言う伝説は、現代ポピュラー音楽の祖、ブルースのクロスロード伝説(メンフィスの十字路で悪魔に魂を売って、そのスピリッツとテクニックを手に入れた)に、世紀を超えて受け継がれ、アート、人間の道には、変わりがない、悪魔的力が必要とされている事を物語っています。2003年収録のライヴ盤。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
父親から医学を勉強するためにパリに送り込まれたのに、作曲を学んでしまった若き日のベルリオーズが読み耽ったのが、フランス語訳「ファウスト」でした。40歳を超え、彼はようやくオペラに仕立て上げます。それがこの「ファウストの劫罰」。アリアや合唱の聴かせどころも多いのに加え、超有名管弦楽曲「ハンガリー行進曲」や、やはり管弦楽だけで演奏されることがある「妖精の踊り」や「鬼火のメヌエット」も名場面。管弦楽を操る天才ベルリオーズならではと言えるでしょう。この名曲を、フランス人指揮者カザドシュがフランスのオーケストラを振ったライヴ録音でお届けします。
レビュアー: バシヒコ 投稿日:2012/03/03
ライブ盤だという事を差し引いても、かなりの名演だと思います。まず演奏、解釈を含め音楽全体がダイナミックであり、その場の空気も絶妙のバランスで記録されており、とかく物語りの設定に賛否がある「劫罰」ですが、このディスクにおける演奏解釈を聴いて「ああ、これがベルリオーズのリアリティなんだ」と感じました。異形の傑作「ファウストの劫罰」を初めて聴く人には、小沢盤、ショルティ盤、コリン・ディビス版よりもこちらがお勧めだと思います。老婆心ながら。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。