ホーム > アルバム > 8.660275-76 ロッシーニ歌劇「オテッロ、またはヴェネツィアのムーア人」(スパイアーズ/プラット/グアリアルド/クルージュ・トランシルヴァニア・フィル/ヴィルトゥオージ・ブルネンシス/フォリアーニ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.660275-76
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ジョアッキーノ・ロッシーニ Gioachino Rossini
作詞家
フランチェスコ・ベリオ・ディ・サルサ Francesco Berio di Salsa
アーティスト
フィリッポ・アダミ Filippo Adami , ヴィルトゥオージ・ブルネンシス Virtuosi Brunensis , ウーゴ・グアリアルド Ugo Guagliardo , クルージュ・トランシルヴァニア・フィルハーモニア合唱団 Transylvania State Philharmonic Choir , ウーゴ・コリン Hugo Colin , レオナルド・コルテッラッツィ Leonardo Cortellazzi , ジェラルディーヌ・ショヴェ Geraldine Chauvet , ショーン・スパイアース Sean Spyres , マイケル・スパイアース Michael Spyres , ジョルジョ・トゥルッコ Giorgio Trucco , アントニーノ・フォリアーニ Antonino Fogliani , ジェシカ・プラット Jessica Pratt

ロッシーニ歌劇「オテッロ、またはヴェネツィアのムーア人」(スパイアーズ/プラット/グアリアルド/クルージュ・トランシルヴァニア・フィル/ヴィルトゥオージ・ブルネンシス/フォリアーニ)

ROSSINI, G.: Otello (Spyres, Pratt, Guagliardo, Cluj Transilvania Philharmonic Choir, Virtuosi Brunensis, Fogliani)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.660275-76

全トラック選択/解除

Disc 1

ジョアッキーノ・ロッシーニ - Gioachino Rossini (1792-1868)

**:**
歌劇「オテッロ、またはヴェネツィアのムーア人」

Otello, ossia Il moro di Venezia

録音: 12, 17, 19 July 2008, Kursaal, Bad Wildbad, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/394311
**:**
»  Act I: Sinfonia
1.

-

**:**
»  Act I: Viva Otello (Choir)
2.

-

**:**
»  Act I: Recitative: Vincemmo, o prodi (Otello, Doge, Jago, Rodrigo)
3.

-

**:**
»  Act I: Cavatina: Ah si, per voi gia sento (Otello, Jago, Choir)
4.

-

**:**
»  Act I: Recitative: Rodrigo! … (Elmiro, Rodrigo, Jago)
5.

-

**:**
»  Act I: Duet: No, non temer, serena (Jago, Rodrigo)
6.

-

**:**
»  Act I: Scene and Duettino: Inutile e quel pianto (Emilia, Desdemona)
7.

-

**:**
»  Act I: Duet: Vorrei, che il tuo pensiero (Desdemona, Emilia)
8.

-

**:**
»  Act I: Recitative: Ma che miro! (Desdemona, Jago, Rodrigo, Elmiro, Emilia)
9.

-

**:**
»  Act I: Chorus and Finale I: Santo Imen! te guida Amore (Chorus, Desdemona, Elmiro, Rodrigo, Emilia)
10.

-

**:**
»  Act I: Scene: Nel cor d'un padre amante (Elmiro, Rodrigo, Desdemona)
11.

-

**:**
»  Act I: Trio: Ti parli l'amore (Rodrigo, Elmiro, Desdemona, Otello, Lucio, Choir)
12.

-

**:**
»  Act I: Che brami? (Elmiro, Otello, Desdemona, Rodrigo, Emilia, Lucio, Choir)
13.

-

**:**
»  Act I: Finale: Parti, crudel (Rodrigo, Otello, Desdemona, Elmiro, Emilia, Lucio, Choir)
14.

-

Disc 2

ジョアッキーノ・ロッシーニ - Gioachino Rossini (1792-1868)

**:**
歌劇「オテッロ、またはヴェネツィアのムーア人」

Otello, ossia Il moro di Venezia

録音: 12, 17, 19 July 2008, Kursaal, Bad Wildbad, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/394311
**:**
»  Act II: Recitative: Lasciami (Desdemona, Rodrigo)
1.

-

**:**
»  Act II: Aria: Che ascolto? (Rodrigo)
2.

-

**:**
»  Act II: Recitative: M'abbandono! … (Desdemona, Emilia)
3.

-

**:**
»  Act II: Scene and Duet: Che feci! … (Otello, Jago)
4.

-

**:**
»  Act II: Duet: Non m'inganno: al mio rivale (Otello, Jago)
5.

-

**:**
»  Act II: Recitative: E a tanto giunger puote (Otello, Rodrigo)
6.

-

**:**
»  Act II: Terzetto: Ah! vieni, nel tuo sangue vendichero le offese (Rodrigo, Otello, Desdemona)
7.

-

**:**
»  Act II: Che fiero punto e questo (Rodrigo, Otello, Desdemona)
8.

-

**:**
»  Act II: Recitative: Desdemona! Che veggo! (Emilia, Desdemona)
9.

-

**:**
»  Act II: Finale: Che smania! ahime! (Desdemona, Maidens, Confidants, Elmiro)
10.

-

**:**
»  Act III: Scene, Air, Duet and Finale III: Ah!… Dagli affanni oppressa (Desdemona, Emilia)
11.

-

**:**
»  Act III: Danzone del gondiero: Nessun maggior dolore (Gondoliere, Desdemona, Emilia)
12.

-

**:**
»  Act III: Canzone del Salice: Assisa a pie d'un salice (Desdemona)
13.

-

**:**
»  Act III: M'ascolta … (Desdemona, Emilia)
14.

-

**:**
»  Act III: Scene: Eccomi giunto inosservato, e solo (Otello, Desdemona)
15.

-

**:**
»  Act III: Duet: Non arrestare il colpo … (Desdemona, Otello)
16.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/06/01
このロッシーニの「オテッロ」は1816年にナポリで初演されています。ヴェルディの同名作品を思い浮かべる方も多いでしょうが、こちらはシェークスピアの戯曲を基にしたものではなく、台本がベリオ公爵のもので、原本は新古典作家ジャン=フランソワ・デュシスのフランス語のものをイタリア語に翻案したものが使われています。そのため、あらすじはヴェルディの作品とかなり違い、また、オテッロとデスデモーナは愛し合ってこそいるものの、まだ夫婦にはなっていませんし、デスデモーナを巡って争う3人の男は全てテノールで歌われ、これがまた絶妙な人間関係を醸し出しているのです。全編華麗なコロラトゥーラの歌唱が炸裂し、悲劇であるものの、ヴェルディのオテッロのような重苦しさは感じられません。この演奏は「黒い森地方」の小さな温泉保養地、バート・ヴィルトバートで毎年夏に開催されるロッシーニのオペラ・フェスティヴァルのライヴです。粒揃いの歌手たちによる声の饗宴をじっくりお楽しみください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。