ホーム > アルバム > 8.669016-17 テイラー:歌劇「永遠に愛せよ」(グリフィー/フラニガン/ゼラー/シアトル響/シュワルツ)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
8.669016-17
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ディームズ・テイラー Deems Taylor
作詞家
ディームズ・テイラー Deems Taylor , Constance Collier
アーティスト
チャールズ・ロバート・オースティン Charles Robert Austin , ジョン・オボーン John Obourn , ポール・ガダス Paul Gudas , アンソニー・ディーン・グリフィー Anthony Dean Griffey , キャロリン・グロンルンド Carolyn Gronlund , ロリ・サマーズ Lori Summers , シアトル交響楽団 Seattle Symphony Orchestra , シアトル交響合唱団 Seattle Symphony Chorale , ジェラード・シュワルツ Gerard Schwarz , バリー・ジョンソン Barry Johnson , エリン・スターク Erin Stark , リチャード・ゼラー Richard Zeller , ユージン・バックホルツ Eugene Buchholz , ローレン・フラニガン Lauren Flanigan , テッリ・リヒター Terri Richter , エミリー・ルンデ Emily Lunde

テイラー:歌劇「永遠に愛せよ」(グリフィー/フラニガン/ゼラー/シアトル響/シュワルツ)

TAYLOR, D.: Peter Ibbetson [Opera] (Griffey, Flanigan, Zeller, Seattle Symphony, Schwarz)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/8.669016-17

全トラック選択/解除

Disc 1

ディームズ・テイラー - Deems Taylor (1885-1966)

**:**
歌劇「永遠に愛せよ」 Op. 20

Peter Ibbetson, Op. 20

録音: 29 April 1999, S. Mark Taper Foundation Auditorium, Benaroya Hall, Seattle, Washington, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/328938
**:**
»  Act I: Dear Lady, shall we dance? (Colonel Ibbetson, Mrs Deane, Mrs Glyn, Madge, Charlie, Guy, Diana)
1.

-

**:**
»  Act I: Dear Friend, what is the poem called? (Colonel Ibbetson, Mrs Glyn, Charlie, Guy)
2.

-

**:**
»  Act I: Bravo, Colonel, Bravo! (Guests, Diana, Madge, Charlie, Guy, Mrs Glyn, Mrs Deane, Colonel Ibbetson, Servant, Peter Ibbetson)
3.

-

**:**
»  Act I: I can see again the old garden at Passy (Peter, Voice of Mme Seraskier, Voice of Pasquier de la Marière, Mrs Deane)
4.

-

**:**
»  Act I: And now, do as I tell you! (Mrs Deane, Peter, Colonel Ibbetson, Servant, Mary, Duchess of Towers, Mrs Glyn, Madge, Diana, Charlie, Guy, Guests)
5.

-

**:**
»  Act I: I could never dedicate my days (Mary)
6.

-

**:**
»  Act I: What a sad fate is ours (Diana, Madge, Charlie, Guy, Mary, Peter, Mrs Deane, Colonel Ibbetson)
7.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Par ici, monsieur (Achille, Peter, Victorine)
8.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Monsieur, m'excusera si je garde mon chapeau (Major Duquesnois, Peter, Nurse)
9.

-

**:**
»  Act II Scene 1: Who is that lady yonder, in the carriage? (Peter, Victorine, Chorus of the Dream)
10.

-

**:**
»  Act II Scene 2: Dors, mignonne, c'est l'heure qui sonne (Voice of Mme Seraskier, Mary, Peter)
11.

-

**:**
»  第2幕 第2場 あなたの手を
12.

-

Act II Scene 2: Give me your hands (Mary, Peter)

**:**
»  Act II Scene 2: Comme un chien dans un jeu de quille (Captain Ibbetson, Mme Pasquier, Peter)
13.

-

**:**
»  Act II: Orchestral Interlude - The Storm
14.

-

**:**
»  Act II Scene 3: Par ici, Madame la Duchesse (Achille, Mary, Victorine)
15.

-

Disc 2

ディームズ・テイラー - Deems Taylor (1885-1966)

**:**
歌劇「永遠に愛せよ」 Op. 20

Peter Ibbetson, Op. 20

録音: 29 April 1999, S. Mark Taper Foundation Auditorium, Benaroya Hall, Seattle, Washington, USA
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/328938
**:**
»  Act II Scene 3: You are Peter Ibbetson (Mary, Peter)
1.

-

**:**
»  Act II Scene 3: My God…Mimsey! (Peter, Mary)
2.

-

**:**
»  Act III Scene 1: I wish he would come (Mrs Glyn, Mrs Deane, Peter, Servant)
3.

-

**:**
»  Act III Scene 1: Comme un chien dans un jeu de quille (Colonel Ibbetson, Peter, Mrs Glyn, Mrs Deane)
4.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Is it time? (Peter, Chaplain)
5.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Is the Chaplain there? (Mrs Deane, Peter, the Prison Governor, Chaplain)
6.

-

**:**
»  Act III Scene 3: En revenant d'Auvergne (Chorus of the Dream, Peter)
7.

-

**:**
»  Act III Scene 3: She does not hear! (Peter, Mary)
8.

-

**:**
»  Act III Scene 4, Epilogue: How is he tonight? (Mrs Deane, Turnkey, Peter)
9.

-

**:**
»  Act III Scene 4, Epilogue: Beloved… Mimsey! Mimsey! (Mary, Peter, Chorus of the Dream)
10.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/03/01
1931年に書かれたこの「永遠に愛せよ」は1985年までニューヨークのメトロポリタン・オペラで最も演奏回数の多いアメリカのオペラです。幼い頃に家の事情で引き離されてしまった幼なじみの事が忘れられないピーター・イベットソン、成長した彼が出会った愛しい人はすでに他の人の妻になっていました。結局彼女の夫を殺してしまい罪に服するのですが、その際彼自身も怪我をしてしまい魂だけが愛しい彼女の元を訪れます。2人が年老いるまでその関係は続き、彼女の命が尽きた時、ピーターの命も尽きるのです。1935年にゲイリー・クーパー主演で映画化もされていますのでご存知の方も多いのではないでしょうか。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。