ホーム > アルバム > 900106 モーツァルト:クラリネット協奏曲/グリエール:ハープ協奏曲/コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲(マンツ/セイソン/パク・ヘユン/バイエルン放送響)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
900106
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
協奏曲
作曲家
レインゴリト・グリエール Reinhold Glière , エーリヒ・ウォルフガング・コルンゴルト Erich Wolfgang Korngold , ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト Wolfgang Amadeus Mozart
アーティスト
エマニュエル・セイソン Emmanuel Ceysson , バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra , パク・ヘユン Hyeyoon Park , コルネリウス・マイスター Cornelius Meister , セバスティアン・マンツ Sebastian Manz , ローレンス・レネス Lawrence Renes

モーツァルト:クラリネット協奏曲/グリエール:ハープ協奏曲/コルンゴルト:ヴァイオリン協奏曲(マンツ/セイソン/パク・ヘユン/バイエルン放送響)

MOZART, W.A.: Clarinet Concerto / GLIERE, R.: Harp Concerto / KORNGOLD, E.W.: Violin Concerto (Manz, Ceysson, Park, Bavarian Radio Symphony)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/900106

全トラック選択/解除

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト - Wolfgang Amadeus Mozart (1756-1791)

**:**
クラリネット協奏曲 イ長調 K. 622

Clarinet Concerto in A Major, K. 622

録音: 19 September 2008, Herkulessaal der Residenz, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/457977
**:**
»  I. Allegro
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Rondo: Allegro
3.

-

レインゴリト・グリエール - Reinhold Glière (1875-1956)

**:**
ハープ協奏曲 変ホ長調Op. 74

Harp Concerto, Op. 74

録音: 18 September 2009, Herkulessaal der Residenz, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/457978
**:**
»  I. Moderato
4.

-

**:**
»  II. Tema con variazioni
5.

-

**:**
»  III. Allegro giocoso
6.

-

エーリヒ・ウォルフガング・コルンゴルト - Erich Wolfgang Korngold (1897-1957)

**:**
ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op. 35

Violin Concerto in D Major, Op. 35

録音: 18 September 2009, Herkulessaal der Residenz, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/457979
**:**
»  I. Moderato nobile
7.

-

**:**
»  II. Romanze: Andante
8.

-

**:**
»  III. Finale: Allegro assai vivace
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: yasu 投稿日:2010/07/15
バイエルン放送の自主レーベルから、2008、2009年に開催された若き音楽家の登竜門、ミュンヘン国際音楽コンクールの優勝者による「若き芽のコンサート」のライヴ録音がリリースされました。クラリネット、セバスティアン・マンツ、ハープ、エマニュエル・セソン、ヴァイオリン、パク・ヘユンによる演奏。あまり演奏される機会のないグリエールのハープ協奏曲。特に第3楽章はメルヘンティックで親しみやすい作品です。セソンの煌びやかな音色が作品のイメージを引き立てます。コルンゴルトのヴァイオリン協奏曲で聴かせてくれるパク・ヘユンの色っぽい音色は、とても17歳の少女が弾いているとは思えません。貫禄たっぷりの演奏です。
レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/06/01
2008年、2009年のミュンヘン国際音楽コンクール優勝者たちによる「若き芽のコンサート」です。このコンクールは、1952年に創設され、ピアノ、ヴァイオリン、声楽、チェロ部門の他、室内楽やハープなどたくさんの楽器の若き演奏家の登竜門として知られています。日本人の入賞者も多いのですが、優勝者が出ることがあまりなく、本当に実力のある人を世界へ送りだす質実剛健なコンクールと言えるのです。このアルバムは、そんな珍しい「優勝者」の瑞々しい演奏を楽しめる1枚です。2008年のクラリネット部門優勝者、セバスチャン・マンツは伸びやかなモーツァルトを聴かせます。2009年のハープ部門の優勝者セソンは、あまり演奏されることのない秘曲、グリエールのハープ協奏曲を演奏。七色の音色で聴衆を魅了しました。また、同年のヴァイオリン部門の優勝者ヘユンは当時17歳。最年少の優勝者として特に注目を浴びる中、コルンゴルトの協奏曲を文句なく弾きこなしています。さあ、未来の巨匠たちへ拍手を送りましょう。
レビュアー: room♭ 投稿日:2012/02/03
コルンゴルト/ヴァイオリン協奏曲を聴く。このソリストの美点がよく表れた演奏で、曲の情感と奏者のテクニック双方を楽しめる。演奏終了後の拍手でライブ録音と知り仰天。それほどの完成度だった。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。