ホーム > アルバム > 900132 マーラー:交響曲第6番(バイエルン放送響/ハーディング)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
900132
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
アーティスト
ダニエル・ハーディング Daniel Harding , バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra

マーラー:交響曲第6番(バイエルン放送響/ハーディング)

MAHLER, G.: Symphony No. 6 (Bavarian Radio Symphony, Harding)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/900132

全トラック選択/解除

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第6番 イ短調 「悲劇的」

Symphony No. 6 in A Minor, "Tragic"

録音: 20-22 March 2014, Philharmonie im Gasteig, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/4377768
**:**
»  I. Allegro energico, ma non troppo. Heftig, aber markig
1.

-

**:**
»  II. Andante moderato
2.

-

**:**
»  III. Scherzo: Wuchtig
3.

-

**:**
»  IV. Finale: Allegro moderato
4.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2015/07/01
ハーディングによるマーラー(1860-1911)演奏については、以前ドイツ・グラモフォンからリリースされた「交響曲第10番」の信じられないほどの美しさなどで、既に定評のあるところです。このバイエルン放送交響楽団との第6番の演奏も、第1楽章の第2主題「アルマの主題」やアンダンテ楽章での流麗さや、全体の見通しのよさは高く評価されるものであり、もちろんバイエルン放送響の定評のあるアンサンブルと熱気も楽しめる、究極の1枚であることは間違いありません。最近ではこの交響曲に「悲劇的」というタイトルを付けて呼ぶことはめったにありませんが、このハーディングによる演奏は、メリハリの強さと溢れ出るような豊かな情感のためか、ことさら悲劇的な要素を強く感じさせるものとなっています。楽章の順序は最近の傾向に倣い、第2楽章にアンダンテ、第3楽章にスケルツォを置くもので、こちらも曲の構成のメリハリを与えるのに一役買っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。