ホーム > アルバム > 900311 ブラウンフェルス:歌劇「受胎告知」(ホル/シュワルツ/バンゼ/バイエルン放送合唱団/ミュンヘン放送管/シルマー)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
900311
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
オペラ
作曲家
ヴァルター・ブラウンフェルス Walter Braunfels
作詞家
ポール・クローデル Paul Claudel , Jakob Hegner
アーティスト
マティアス・エットマイアー Matthias Ettmayr , エイドリアン・エロド Adrian Eröd , ヴォルフガング・クローゼ Wolfgang Klose , ハンナ・シュヴァルツ Hanna Schwarz , ウルフ・シルマー Ulf Schirmer , ヨハネス・スターマン Johannes Stermann , バイエルン放送合唱団 Bavarian Radio Chorus , ジュリアン・バンゼ Juliane Banse , ソーニャ・フィリピン Sonja Philippin , マウロ・ペーター Mauro Peter , ヤニナ・ベヒレ Janina Baechle , ロベルト・ホル Robert Holl , ミュンヘン放送管弦楽団 Munich Radio Orchestra , Jutta Bethsold , Vanessa Goikoetxea , Timo Janzen , Matthias Klink

ブラウンフェルス:歌劇「受胎告知」(ホル/シュワルツ/バンゼ/バイエルン放送合唱団/ミュンヘン放送管/シルマー)

BRAUNFELS, W.: Verkündigung (The Annunciation) [Mysterium] (R. Holl, H. Schwarz, Banse, Bavarian Radio Chorus, Munich Radio Orchestra, U. Schirmer)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/900311

全トラック選択/解除

Disc 1

ヴァルター・ブラウンフェルス - Walter Braunfels (1882-1954)

**:**
歌劇「受胎告知」 Op. 50

Verkundigung, Op. 50

録音: 17-18 December 2011, Prinzregententheater, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3780151
**:**
»  Overture - Halt, Herr Ritter, abgestiegen! (Violaine, Peter)
1.

-

**:**
»  Act I Scene 1: Schon zu Ende, schon zu Ende! (Andreas, Mutter)
2.

-

**:**
»  Act I Scene 2: Geh' und sag' ihr, dass sie ihn nicht heiraten darf (Mara, Mutter)
3.

-

**:**
»  Act I Scene 3: He, was erzahlst du mir da? (Andreas, Jakobaus, Mutter, Maids and Servants, Violaine, Mara)
4.

-

**:**
»  Act II: O meine Braut im Blutenhag, sei mir gegrusst (Jakobaus, Violaine)
5.

-

Disc 2

ヴァルター・ブラウンフェルス - Walter Braunfels (1882-1954)

**:**
歌劇「受胎告知」 Op. 50

Verkundigung, Op. 50

録音: 17-18 December 2011, Prinzregententheater, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/3780151
**:**
»  Act III Scene 1: Fertig, der Konig kann kommen! (Sheriff of Rothenstein, First Worker, Peter's Assistant, Second Worker, Third Worker, First Woman, Mara, Second Woman, Chorus of Workers)
1.

-

**:**
»  Act III: Verwandlung (Zwischenspiel)
2.

-

**:**
»  Act III Scene 2: Wer ist's, der seine Schritte mit den Schritten der Aussatzigen zu vermengen wagt? (Violaine, Mara, Chorus of Angels, Crowd)
3.

-

**:**
»  Act IV Scene 1: Ich war es, ich habe sie umgebracht! (Mara)
4.

-

**:**
»  Act IV Scene 2: Wie, offen? Ist das Haus leer, dass alle Turen offenstehen? (Andreas)
5.

-

**:**
»  Act IV Scene 3: Halloh, halloh! (Peter, Jakobaus)
6.

-

**:**
»  Act IV Scene 4: Wo bin ich, und wer ist hier? (Violaine, Jakobaus, Peter, Chorus, Andreas)
7.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2014/09/01
1990年代の後半、当時の退廃音楽復興のブームにのって、ようやく歌劇「鳥たち」のCDが発売になり、その存在を知ることができたという作曲家ブラウンフェルス(1882-1954)。最近は歌劇だけではなく、いくつかの作品を耳にできる機会も増え、少しずつ認知度が上がってきたとは言え、このような珍しい作品が上演されるのは本当に嬉しいことといえるでしょう。このブラウンフェルス、父は文学者、翻訳者であり、母の祖父(もしくは大おじ)は、かのルイ・シュポーアであったという由緒ある家系に生まれた人。純粋なユダヤ人ではなく、その家系にユダヤ人がいるというだけでナチスから迫害されましたが、終戦後にはまた音楽界に戻り、戦後の音楽復興に貢献しました。熱烈なカトリック信者であった彼の作品には、宗教的なものも多く、この「受胎告知」も中世時代の不安な空気を、後期ロマン派の響きで描き出した稀有な作品となっています。演奏にあたっては、ユリアーネ・バンゼやハンナ・シュヴァルツをはじめとしたドイツを代表する名歌手たちを揃え、ウルフ・シルマーが渾身の指揮でこの壮大な世界を構築しています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。