ホーム > アルバム > 900326 スッペ:序曲集(ミュンヘン放送管/レプシック)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
900326
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
フランツ・フォン・スッペ Franz von Suppé
アーティスト
ミュンヘン放送管弦楽団 Munich Radio Orchestra , イヴァン・レプシック Ivan Repušić

スッペ:序曲集(ミュンヘン放送管/レプシック)

SUPPÉ, F. von: Overtures (Munich Radio Orchestra, Repušić)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/900326

全トラック選択/解除

フランツ・フォン・スッペ - Franz von Suppé (1819-1895)

**:**
喜歌劇「美しきガラテア」 - 序曲
1.

Die schöne Galathée (The Beautiful Galatea): Overture

録音: 2-5 May 2018, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, München, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6781712
 
**:**
喜歌劇「詩人と農夫」 - 序曲
2.

Dichter und Bauer (Poet and Peasant): Overture

録音: 2-5 May 2018, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, München, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6781713
 
**:**
喜歌劇「ボッカチオ」 - 序曲
3.

Boccaccio: Overture

録音: 2-5 May 2018, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, München, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6781714
 
**:**
喜歌劇「軽騎兵」 - 序曲
4.

Leichte Kavallerie (Light Cavalry): Overture

録音: 2-5 May 2018, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, München, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6781715
 
**:**
喜歌劇「怪盗団」 - 序曲
5.

Banditenstreiche (The Jolly Robbers): Overture

録音: 2-5 May 2018, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, München, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6781716
 
**:**
喜歌劇「スペードの女王」 - 序曲
6.

Die Kartenschlägerin, oder Pique Dame (Queen of Spades): Overture

録音: 2-5 May 2018, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, München, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6781717
 
**:**
喜歌劇「親方夫人」 - 序曲
7.

Die Frau Meisterin (The Lady Mistress): Overture

録音: 2-5 May 2018, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, München, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6781718
 
**:**
喜歌劇「ウィーンの朝・昼・晩」 - 序曲
8.

Ein Morgen, Mittag und Abend in Wien (Morning, Noon and Night in Vienna): Overture

録音: 2-5 May 2018, Studio 1, Bayerischer Rundfunk, München, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6781719
 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/08/01
ウルフ・シルマーの後任として、ミュンヘン放送管弦楽団の首席指揮者に就任したイヴァン・レプシッチ。
今作では「軽騎兵」序曲や「詩人と農夫」で知られる作曲家スッペの序曲集に取り組み、新たな魅力を引き出しました。
ベルギー系の貴族の家に生まれたスッペは、最初フルートを学んでいましたが、当時流行していたオッフェンバックのオペレッタを聴き、その楽しさに開眼、自らもオペレッタの作曲を手掛けるようになりました。彼の作品は豪快にオーケストラを鳴らすものが多く、メリハリのある曲調と、「ボッカッチョ」のアリアなどの親しみやすいメロディが愛されていますが、よく聞かれるのはほんの一部の曲のみで、歌劇全曲を耳にすることはほとんどありません。しかしここに収録された様々な序曲を聴くだけでも、彼の作品の持つ魅力がお分かりいただけることでしょう。曲全体に大きな起伏を作るレプシッチの演奏は、作品の良さを際立たせています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。