ホーム > アルバム > 900702 フルトヴェングラー:交響曲第2番(バイエルン放送響/ヨッフム)(1954)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
900702
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
交響曲/管弦楽曲
作曲家
ヴィルヘルム・フルトヴェングラー Wilhelm Furtwängler
アーティスト
バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra , オイゲン・ヨッフム Eugen Jochum

フルトヴェングラー:交響曲第2番(バイエルン放送響/ヨッフム)(1954)

FURTWANGLER, W.: Symphony No. 2 (Bavarian Radio Symphony, Jochum)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/900702

全トラック選択/解除

Disc 1

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー - Wilhelm Furtwängler (1886-1954)

**:**
交響曲第2番 ホ短調

Symphony No. 2 in E Minor

録音: 9-10 December 1954, Herkulessaal der Residenz, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/404733
**:**
»  I. Assai moderato
1.

-

**:**
»  II. Andante semplice
2.

-

**:**
»  III. Un poco modersto - Allegro
3.

-

Disc 2

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー - Wilhelm Furtwängler (1886-1954)

**:**
交響曲第2番 ホ短調

Symphony No. 2 in E Minor

録音: 9-10 December 1954, Herkulessaal der Residenz, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/404733
**:**
»  IV. Langsam
1.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2013/02/26
全曲で80分を越える「名指揮者」フルトヴェングラーが書いた大作、交響曲第2番です。彼の作品はどれも長大で、後期ロマン派(とりわけブルックナー)の影響を強く受けていますが、1945年に書かれたこの曲はとりわけ彼自身も気に入っていたようで、自作自演も存在することで知られています。紆余曲折を繰り返しつつ歩んで行く、決して平易とは言えない作品ですが、曲の最後の希望に満ちた部分で、全ての魂が解放されるような希望を見せてくれます。 このヨッフムの演奏は、1954年11月30日に逝去したフルトヴェングラーへの追悼でもあり、リスペクトとも言えるでしょう。また彼の作品に新たな解釈の光があたった記念すべきものでもあります。じっくりとお楽しみください。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。