ホーム > アルバム > 900707 R. シュトラウス:組曲「ばらの騎士」/交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」(ハルテロス/バイエルン放送響/ヤンソンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
900707
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
声楽曲, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
リヒャルト・シュトラウス Richard Strauss
作詞家
ヨーゼフ・フォン・アイヒェンドルフ Joseph von Eichendorff , ヘルマン・ヘッセ Hermann Hesse
アーティスト
バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra , アニヤ・ハルテロス Anja Harteros , マリス・ヤンソンス Mariss Jansons

R. シュトラウス:組曲「ばらの騎士」/交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」(ハルテロス/バイエルン放送響/ヤンソンス)

STRAUSS, R.: Rosenkavalier Suite (Der) / Till Eulenspiegels lustige Streiche / 4 Last Songs (Harteros, Bavarian Radio Symphony, Jansons)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/900707

全トラック選択/解除

リヒャルト・シュトラウス - Richard Strauss (1864-1949)

**:**
楽劇「ばらの騎士」組曲 Op. 59, TrV 227
1.

Der Rosenkavalier Suite, Op. 59, TrV 227

録音: 19-20 October 2006, Herkulessaal der Residenz, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/404768
 
**:**
交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」 Op. 28, TrV 171
2.

Till Eulenspiegels lustige Streiche (Till Eulenspiegel's Merry Pranks), Op. 28, TrV 171

録音: 5-6 March 2009, Herkulessaal der Residenz, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/404769
 
**:**
4つの最後の歌 TrV 296

4 Letzte Lieder (4 Last Songs), TrV 296

録音: 25-27 March 2009, Philharmonie im Gasteig, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/404770
**:**
»  No. 1. Frühling (Spring)
3.

-

**:**
»  No. 2. September
4.

-

**:**
»  No. 3. Beim Schlafengehen (At Bedtime)
5.

-

**:**
»  No. 4. Im Abendrot (In the Evening Glow)
6.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/09/01
今最も脂の乗ったヤンソンスが得意とするのが、このR・シュトラウスでしょう。コンセルトヘボウとのお披露目でも豪快な「英雄の生涯」を聴かせてくれましたが、ここではまた違った風情を見せてくれます。凝りに凝った歌いまわしが魅力的な「ばらの騎士」組曲、新鋭ソプラノ、ハルテロスの抒情味溢れる「4つの最後の歌」と、オーケストラを聴く楽しみを心から味わわせてくれるような1枚です。
レビュアー: yasu 投稿日:2016/11/26
海外オーケストラ&演奏家の来日が続きますが、現在マリス・ヤンソンス&バイエルン放送交響楽団が来日しています。今回の来日は兵庫県立芸術センター、愛知県芸術劇場、ミューザ川崎、サントリーホール(2公演)の全5公演。マーラー、リヒャルト・シュトラウス、ストラヴィンスキーなど大曲をメインとしたプログラムです。サントリーホール公演ではヴァイオリニストのギル・シャハムと共演します。このアルバムに収録されている「ばらの騎士」は2014年の来日公演でも演奏されました。「絢爛豪華」という言葉がぴったり当てはまる、壮大で完璧な演奏。キラキラしたブラスセクション、たっぷり歌う木管と弦セクション。リヒャルト・シュトラウスのオーケストレーションが緻密なまでに表現されています。「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」も然り。今回演奏される「アルプス交響曲」が非常に楽しみです。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。