ホーム > アルバム > 900901 マーラー:交響曲第1番「巨人」/ハンドシュタイン:世界、そして夢(バイエルン放送響/ヤンソンス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

CD/ダウンロード販売

アルバム情報

カタログ番号
900901
資料
ジャンル
クラシック, 朗読
カテゴリ
バイオグラフィー, 交響曲/管弦楽曲
作曲家
グスタフ・マーラー Gustav Mahler
アーティスト
ウド・ヴァハトファイトウル Udo Wachtveitl , ルネ・デュモン Rene Dumont , バイエルン放送交響楽団 Bavarian Radio Symphony Orchestra , ローラ・マイア Laura Maire , マリス・ヤンソンス Mariss Jansons

マーラー:交響曲第1番「巨人」/ハンドシュタイン:世界、そして夢(バイエルン放送響/ヤンソンス)

MAHLER, G.: Symphony No. 1 / HANDSTEIN, J.: Welt und Traum - Eine Horbiografie (Bavarian Radio Symphony, Jansons)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/900901

全トラック選択/解除

Disc 1

グスタフ・マーラー - Gustav Mahler (1860-1911)

**:**
交響曲第1番 ニ長調 「巨人」

Symphony No. 1 in D Major, "Titan"

録音: 1-2 March 2007, Herkulessaal der Residenz, Munich, Germany
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/820705
**:**
»  I. Langsam, schleppend - Wie ein Naturlaut - Im Anfang sehr gemachlich
1.

-

**:**
»  II. Kraftig bewegt, doch nicht zu schnell - Trio: Recht gemachlich
2.

-

**:**
»  III. Feierlich und gemessen, ohne zu schleppen
3.

-

**:**
»  IV. Sturmisch bewegt
4.

-

 

**:**
世界、そして夢

Welt und Traum

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/820710
**:**
»  Chapter 1: Wo die schonen Trompeten blasen – Kindheit in Iglau
5.

-

Disc 2

 

**:**
世界、そして夢

Welt und Traum

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/820710
**:**
»  Chapter 2: Wiener Lehrjahre – Das Studium
1.

-

**:**
»  Chapter 3: Fahrender Gesell – Die Dirigentenkarriere
2.

-

**:**
»  Chapter 4: In der Tretmuhle – Budapest und Hamburg
3.

-

Disc 3

 

**:**
世界、そして夢

Welt und Traum

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/820710
**:**
»  Chapter 5: Sommerfrische – Mahler als Urlaubskomponist
1.

-

**:**
»  Chapter 6: Gott der sudlichen Zonen – Operndirektor in Wien
2.

-

**:**
»  Chapter 7: Ein einmaliges Lebewesen – Die Ehe mit Alma
3.

-

Disc 4

 

**:**
世界、そして夢

Welt und Traum

この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/820710
**:**
»  Chapter 8: Gott ohne Heimat – Opernreform und Schaffensrausch
1.

-

**:**
»  Chapter 9: Drei Schlage mit dem Hammer – Das Schicksalsjahr 1907 und die Folgen
2.

-

**:**
»  Chapter 10: Der Abschied – Das letzte Jahr
3.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2010/12/01
2010年から2011年、2年に渡ってアニヴァーサリー・イヤーを迎えるグスタフ・マーラー(1860-1911)を記念する4枚組です。CD1に収録されているのは、2007年3月収録のヤンソンスによる「第1番」全曲です。ヤンソンスのマーラーにかける思いがじっくり伝わる熱い演奏、これだけで大満足間違いなしです。特筆すべきは、CD1の最終トラックから始まる、音楽ドラマ「世界、そして夢」でしょう。正直、実物を見るまでは、「これは日本で販売するのは困難だろう」と思っておりました。しかし、実際に聴いてみると、これが限りなく素晴らしいのです。物語は10章に分かれ、マーラーの生い立ち、苦悩、愛を丹念に拾い上げて行くのです。もちろん音楽もふんだんに添えられています。(音源はBRの物を中心とした、有名メーカーの音を使用。クーベリック、ブーレーズ、キルヒシュラーガーなどの名演がドラマに華を添えます)ドイツ語がわからなくても、かなり楽しめますよ。第1番のみの発売は、今のところ予定なしですが、今回お求めやすい価格を設定しました。燃え盛る愛のドラマに身を焦がしてみませんか???
レビュアー: sammy 投稿日:2011/07/31
交響曲第1番を聞きました。きりっと引き締まったテンポとリズム、スピード感と安定感の両立、そしてオーケストラのずっしりとした響きが合わさって、見事に充実したオーソドックスな名演奏となっていると思いました。作曲当時聴衆を驚かせたという斬新な和声も鮮やかに表出されていて見事で、優れた録音がその鮮やかさを支えていると思います。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。