ホーム > アルバム > ALPHA405 ベートーヴェン:クラリネット、チェロとピアノのための三重奏曲「街の歌」 Op. 11, 38 (ル・サージュ/メイエ/ボホルケス)

※「選択曲を試聴」をクリックすると、各トラックの冒頭30秒のみ再生できます。

最大15分間、何度でも再生可能です。
NMLに収録されている全タイトルを時間制限なく楽しむためには、こちらから会員登録をしてください。

レーベル

アルバム情報

カタログ番号
ALPHA405
資料
ジャンル
クラシック
カテゴリ
室内楽
作曲家
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン Ludwig van Beethoven
アーティスト
クラウディオ・ボホルケス Claudio Bohórquez , ポール・メイエ Paul Meyer , エリック・ル・サージュ Eric Le Sage

ベートーヴェン:クラリネット、チェロとピアノのための三重奏曲「街の歌」 Op. 11, 38 (ル・サージュ/メイエ/ボホルケス)

BEETHOVEN, L. van: Trios for Clarinet, Cello and Piano, Opp. 11, "Gassenhauer" and 38 (Le Sage, P. Meyer, Bohórquez)

このページのURL
http://ml.naxos.jp/album/ALPHA405

全トラック選択/解除

ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン - Ludwig van Beethoven (1770-1827)

**:**
三重奏曲 変ロ長調 「街の歌」 Op. 11 (ピアノ三重奏曲第4番)

Trio in B-Flat Major, Op. 11, "Gassenhauer", "Piano Trio No. 4"

録音: 28-29 July 2017, Auditorium Campra, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6718105
**:**
»  I. Allegro con brio
1.

-

**:**
»  II. Adagio
2.

-

**:**
»  III. Thema: Pria ch'io l'impegno (Allegretto) mit Variationen
3.

-

 
**:**
クラリネット三重奏曲 変ホ長調 Op. 38 (ピアノ三重奏曲第8番)(七重奏曲 Op. 20の編曲)

Clarinet Trio in E-Flat Major, Op. 38, "Piano Trio No. 8" (arr. from Septet, Op. 20)

録音: 28-29 July 2017, Auditorium Campa, France
この作品のURL
http://ml.naxos.jp/work/6718106
**:**
»  I. Adagio - Allegro con brio
4.

-

**:**
»  II. Adagio cantabile
5.

-

**:**
»  III. Tempo de menuetto
6.

-

**:**
»  IV. Tema con variazioni: Andante
7.

-

**:**
»  V. Scherzo: Allegro molto e vivace
8.

-

**:**
»  VI. Andante con moto - Presto
9.

-

 

このアルバムのレビュー

レビュアー: CD帯紹介文 投稿日:2018/06/01
フランス、南東部アヴィニョンの美しい街「サロン=ド=プロヴァンス」で毎年開催される室内楽の音楽祭。1993年にル・サージュ、メイエ、パユによって設立され、2018年には第26回目の開催が予定されており、最高峰の演奏家たちが素晴らしい音楽の祭典を繰り広げます。この音楽祭から一連の録音を集め「サロンの音楽」と名付けた新しいシリーズが登場します。第1作はクラリネットの名手、ポール・メイエと、長年共演を続けているエリック・ル・サージュ、1995年ジュネーブ国際コンクールで優勝したチェリストのクラウディオ・ボホルケスの3人が紡ぎ出すベートーヴェンの三重奏曲集です。ベートーヴェンが活躍していた時代の室内楽の多くは、音楽的素養を持った貴族たちのために書かれており、一度評判を取ると、同じ曲を様々な編成に編曲することが求められていました。「街の歌」は当時流行していたヴァイグルの歌劇のメロディが主題として用いられ、またクラリネットのパートは若干平易に書かれており、演奏者の利便が考慮されていますが、作品の完成度はとても高く、若く野心的なベートーヴェンの姿が見えてくるような闊達さを持っています。七重奏曲も同じ理由で様々な形に編曲されましたが、この三重奏版は簡素な美しさを放っています。

このアルバムのレビューを書く

有料個人会員としてログインすると、レビューを投稿できるようになります。